楽しく実りある人生を共に歩もう

楽しく実りある人生を共に歩もう

オーデュポンの祈り感想 伏線の回収の手際の良さに唖然とするでしょう。

calendar

reload

今日お薦めしたい本は、伊坂幸太郎さんが書いている「オーデュボンの祈り」という本で最近のお話ではありませんが、知らない方はもったいないと思うのでぜひ紹介させていただきたいと思います。

あらすじとして簡単にこの本の紹介をさせていただきます。この本は日本のお話ですが、日本本土ではなく、遠く離れた島を中心としたお話です。

この島には大方のものがあるのですが、大事な何かが大昔から欠けていると言われていました。そして、かけているものを埋めるためにこの島以外の人間が運んでくると言い伝えられていました。

でも、島以外の人間が来てもかけているものが何かまったくわかりません。奇妙な島の人間と主人公が助け合い欠けているものを探し、埋めるそんな物語です。

見どころは、島の人間以外にも登場人物がいて未来が見えて話すことのできる案山子というものがいたのですが、ある日突然無残な姿になってみんなの前に現れます。

ここで問題なのですが、未来を見ることの出来る案山子はなぜ自分が死んでしまう未来を見ることが出来なかったのでしょうか?それとも未来がわかっていたのにわざと死んでしまったのでしょうか?島に欠けているものと何か関係があるのでしょうか?さまざまな疑問が浮かんできます。

ネタバレにならないようここで控えますが、未来を見ることの出来る案山子のメッセージなどを何度も読み直すことでこういった伏線が隠されていたのかと、とても奇妙な気持ちになることが出来るので最後まで楽しく読むことが出来ました。

最後に感想としては、上記にも挙げたとおり、登場人物のほとんどが奇妙なキャラクターで描かれています。そんなキャラたちの中にも法になる人物というものがいて「桜」というのですが、悪人のキャラたちをすがすがしくなるほど裁いてくれるので見ていてとにかく気持ちがすっきりします。

それと、言っている言葉がとても重要で深く、特に『この世に生きてもいい人間は何人いると思う?答えは0だ。』という台詞にはフィクションとは思えないほどの迫力と重苦しさが伝わってきて実在している人物に言われているような気持ちになれます。

他にも、伏線がしっかりと張られていて読めば読むほどこの場面にはこんな意味があったのか!と興奮すると思います。

また、最大の謎である島に欠けているものも早い段階で答えが載っているページがあるのですが、見つけられた人はとても素晴らしいと思います。

そのような楽しみがあるので一度呼んでみることをオススメします。以外な伏線が沢山あるのでその回収の手際の良さに最後は唖然とする事でしょう。

オーデュボンの祈り (新潮文庫)

新品価格
¥767から
(2017/12/30 21:05時点)