楽しく実りある人生を共に歩もう

楽しく実りある人生を共に歩もう

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと感想

calendar

reload

私が結婚する前の女性にお薦めしたい本が、西原理恵子さんの女の子が生きていくときに、覚えていてほしいことです。王子様を待たないで。お寿司も指輪も自分で買おうをいうのが、この本で伝えたいことです。

 西原さんが育った家庭は、複雑でかなりつらい思いをされました。その後結婚して夫のことでも波乱万丈な人生が待っています。 西原さんは、若さや美貌は、あっという間に資産価値がゼロになってしまうといわれます。このようなときに経済力があるのはとても大切なことだと。 もしも素晴らしいだんなさんと結婚しても、ゴールではなくてリストラや病気になることがあると結婚したからっていって、そこがゴールじゃない。相手が病気やリストラになることも考えておこうというメッセージがあります。

 昔はお寿司や指輪は男性に買ってもらうのは幸せというイメージを、今でも持っている人は多いと思います。 経済力があるだんなさんと結婚して、お寿司も指輪も買ってもらう。 それが幸せだと外から見ていて思うでしょうが、実はすごく窮屈な思いをしているということを気づいていないんですね。 夢を掴むことより、もしも夢が破れても立ち直ることが大事というメッセージは感動しました。 彼の夢をかなえるんじゃなくて、自分の夢をかなえてくださいと強く伝えたいのだなあと思います。

 私は男の子が二人いますが、娘がいたら絶対にこの本をプレゼントしたい。 西原さんが言われるように、女性の経済力は絶対に大事です。 経済力といっても、お金持ちになるとか起業家になるとかということではないんです。 もしも夫と離婚しても、自分で最低限食べていくだけの力をつけておいたほうがいいということです。 西原さんは、経済力があったほうが夫婦関係もうまくいくといわれています。 私は、専業主婦歴が長いですが現在は在宅勤務でパート以上の収入があります。 夫の収入まではいきませんが、自分で稼ぐことがこんなにも素晴らしいことだとは思っていませんでした。 最近では婚活も、専業主婦希望ではなく働いている女性のほうが人気だと聞きます。 すべてを夫に頼った人生は、これからの若い女性には送ってほしくありません。 今は1度正社員をやめると、パートや派遣のような非正規が中心になります。 なので、もっと子育て後も活躍できるような求人のシステムが必要だとも思います。 女性がしっかり働くことは、男性の幸せにもつながると思ました。K.T

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと 【電子特典付き】 (角川書店単行本)