楽しく実りある人生を共に歩もう

楽しく実りある人生を共に歩もう

痴人の愛感想 今この本が出たとしたら受け入れられなかったのかもしれない

calendar

reload

今日私がお薦めしたい本は、谷崎潤一郎の「痴人の愛」です。
谷崎潤一郎と言えば、「細雪」(ささめゆき)がとても有名ですが、「痴人の愛」は「細雪」とは全く異なる世界が描かれています。正直な所、読んでびっくりの小説でした。先が気になりさくさくと読み進める事ができます。

あらすじ:カフェのウェイトレスをしていた「ナオミ」という15歳の女性を主人公の男性が見染めます。彼女を育て、将来自分の妻にしようとこの男性は思うのですが、「ナオミ」に翻弄され、次第に破滅への道へと進みます。

「ナオミ」の女性がもつ小悪魔的な性質の描かれ方が面白く、女性が読むのにとても楽しめる一冊だと思います。真面目な社会人である男性を、少女が破滅させるのです。

もとはこの男性は、「ナオミ」を育て、妻にする、いわば少女の人生を自分の好きな様にコントロールするという女性の観点から見ると、歓迎しがたい設定なのですが、それに対して逆にコントロールされてしまう、やっつけられてしまっているという所が小気味良く読めたのでしょう。

断然女の方が上手(うわて)なのです。どんどん美しい女性へと変化を遂げていくナオミに、男は最終的に従うしかなくなってしまうのです。

「ナオミ」は動物的で奔放な少女ですが、女へと成長していく様子の描かれ方も、面白く読む事ができました。

長編小説ではありますが、この一冊は一日で読み終える事ができました。この小説が書かれたのは、なんと大正時代です。ナオミがウェイトレス(女給と描かれています)として働いていたカフェや、二人が一緒に暮らし始める洋館の描写など、時代背景の描かれ方はやはり谷崎文学らしく、緻密で興味深く、魅力的に描かれています。そういった所もこの本の魅力の一つだと思います。

この本を読んで、あまりに強烈だったので、友人(女性)に貸したのですが、普段本を読まない友人も一気に読めてしまったし、日本文学ってこんな内容のもあるんだ、と驚いていました。

書かれた当時、大正時代に世間がこの本をどう受け止めて評価したのか興味を持ちます。現在ですと、ウェイトレスの15歳の少女と男が一緒に暮らし始め、男は彼女を未来の妻として育てたいなんていうと、犯罪レベルの設定ですから、今この本が出たとしたら受け入れられなかったのかもしれない、その様に思います。

この本を読んでから、「刺青」や「鍵」など、他の谷崎作品も購入しましたので、これから読もうと思っています。

痴人の愛 アニメカバー版 「文豪ストレイドッグス」×角川文庫コラボアニメカバー

folder お役立ち情報

No Image

more...