夜は短し歩けよ乙女感想 そっと励ましてくれる作品 

calendar

reload

今回私がお薦めしたいのは、森見登美彦の代表作、「夜は短し歩けよ乙女」です。 今年星野源を声優に迎え、アニメ映画化もしたことで、小説を読んでいない方もタイトルだけは知っているかもしれません。  

京都を舞台に、大学生の「黒髪の乙女」と、彼女に恋をした「先輩」のある一年のお話です。偶然の出会いを量産する「先輩」ですが、彼女は「奇遇ですねえ!」と驚くばかり。

そんな「黒髪の乙女」が先斗町や古本市、文化祭で出会う一風変わった人たちとのおかしな日常と、その裏で暗躍?する「先輩」が愛しくも面白い恋愛ファンタジーです。  

この物語のみどころは、何と言っても愛らしいキャラクターたちと京都! 浮世離れした癖のある登場人物たちばかりですが、そのセリフや行動に、つい人間らしさを感じてしまいます。

いろいろ弱音を吐きつつも気持ちに嘘はつけない「先輩」と、面白いことに目がないからこそ思わぬところで突っ走る「黒髪の乙女」。李白や樋口さん、古本市の神様など、人間なの?と思うような人物たちにも、なんとなく共感できる部分があるのです。

登場人物は多いですが、そのごった煮感も楽しめると思います。 それに対して、舞台の京都の描写はとてもリアルです。実際の地名や名所、イベントが登場するため、読んでいるとすぐ目の前の景色を見ているようです。

それでいて京都の持つ温かみや少しの不気味さも相まり、不思議なキャラクターたちが本当に京都に行けば会えるような、不思議な空間で物語が進みます。そのバランスがより読者を惹きつけるのかもしれません。

まさに森見登美彦ワールド全開なので、作者の作品を読んでみたい方のはじめの一冊にもオススメです。  

なんとなくつまらない時や、元気がない時に読むと、そっと自分を励ましてくれるような、前を向きたくなるような、そんな作品だと思います。

個人的には中村佑介さんの表紙絵がとても世界観に合っているので、文章のキーワードを探しながら絵をチェックするのもオススメです。

これから大学生になる人、今大学生になる人、大学生だった人もそうじゃない人も、この世界にどっぷり浸かってくださいね!

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

新品価格
¥605から
(2018/1/1 10:24時点)