楽しく実りある人生を共に歩もう

楽しく実りある人生を共に歩もう

ビートルズのポールは東京ドームを満員にできる人です。

calendar

reload

私が感動して一生の思い出に残ったコンサートは、何と言っても「ポール・マッカートニー」です。

洋楽好きな人ならば知らない人はいないでしょうが、ポールはあの伝説のバンド「ビートルズ」のメンバーで、1963年にデビュー、1966年には初来日を果たします。

それから50年以上も世界のトップミュージシャンとして活動を続けています。
御年74才にしてロックを歌う、スーパーおじいちゃん、2015年に続く来日ですが、東京ドームを満員にできる人です。
 

ポールのコンサートが行われたのは2017年4月の25日~30日の間で4日間、25日は日本武道館、27日、29日、30日は東京ドームで、私が行ったのは27日でした。
ポールのコンサートはとにかくチケットを取るまでが大変で、ネットで抽選が行われます。

抽選会は第1次~第4次位まで繰り返されるので、チケットが取れないということはありませんが、当然ドンドンステージから遠い席になっていきます。
私は第1次の抽選で、最初から平日狙いをして無事にチケットが取れました。

当日会場はそれは混雑していて、真っ直ぐ歩くことさえできませんでした。
会場外のグッズ売り場は大行列、グッズだけ買いに来ている人が多く、まともに並んでいたのではコンサートに間に合わない状態でした。

ポールのコンサートの特徴は、観客の年齢層が幅広く、若い人からスーツを着たシニアのサラリーマンまでいたことです。
もちろん私も小学生になる息子を連れて行きました。

コンサートの内容は、ビートルズの曲をメインに39曲も披露してくれました。
演奏は完璧で、聴いている人が最も心地良いと思う音作りをしていました。

ポールの声は素晴らしく、50年前の曲を原曲キーで歌い続け、周囲の人が思わず「バケモノだよね」と言っていました。

温かく深みのある声で、音程もしっかりとしていて、さすが世界的スターの実力を見せつけてくれました。

観客はビートルズ時代の曲になると大ノリでしたが、私は最初に聴いたのがウィングス時代のポールだったので、ビートルズ以降の曲にも思い入れがあります。

たっぷり2時間半以上、日頃のストレスも忘れて好きな音楽にのめりこめました。
終った後に頭がスッキリしていて、明らかにデトックス効果を感じました。

本当に一生の思い出に残るコンサートです。

ウイングス・オーヴァー・アメリカ

新品価格
¥3,374から
(2018/1/17 22:10時点)

folder お役立ち情報

No Image

more...