楽しく実りある人生を共に歩もう

楽しく実りある人生を共に歩もう

きみが心に棲みついた ゾクゾクさせられるドラマ

calendar

reload

きみが心に棲みついた ゾクゾクさせられるドラマ

下着メーカーの材料課で働く小川今日子(吉岡里帆)は挙動不審で学生時代のあだ名は「キョドコ」。

ある日今日子は飲み会で出版社の漫画編集部で働く吉崎(桐谷健太)と知り合います。吉崎は厳しい口調にも優しさがあり今日子は惹かれ、不器用ながらもアプローチをします。

今日子は大学時代の先輩である星名(向井理)を忘れられず生きてきました。愛とは違い、星名には支配され辛い目に合わされてきたと自覚はしていたものの、今でも忘れられなかった人。

星名を忘れられる恋ができるのではと思っていた矢先、彼が今日子の会社の経営を立て直す為にやってきました。一緒に働く中で星名は今日子の心を揺さぶり、結局支配されていってしまいます。

自分に自信がなく挙動不審だけれども仕事に前向きで一生懸命な今日子を吉岡里帆さんが熱演していると感じました。

おもいっきりこけて試作の為に買ったブラジャーを大量に道にばらまいたりしてどじな部分など体当たりで演技をしていると思います。

いきなり「私とつきあって下さい。」や、「好きです!」と桐谷健太さん演じる吉崎に思いをぶつけるところはまっすぐでその瞳がとてもかわいらしくピュアな雰囲気がでています。

今日子が星名に辛い目に合わされたシーンはとても恐ろしく、トラウマになっていることがひしひしと伝わってきます。

首を絞められそうになったり、優しい言葉で慰めておいて突き落とすところは向井理さん演じる星名のドSを通り越した悪魔のような態度にゾクゾクとさせられます。

星名がなぜそのような人間になったのか。彼の子どもの時の回想が第2話で少しあり、父親に虐待されていたのか。詳細はわかりませんが。

自分が恐ろしい目に合わされたことを何でも思い通りに支配できる今日子にすることで発散させているのか。また、星名が整形をしたというような内容の会話が友達の間であったこともあり、彼の過去が大変気になるところです。

今後、色々と暴かれていくことと思います。一見優しく人当たりが良く仕事ができる人物に見えるだけに、裏の顔とのギャップがありとても恐ろしく、向井理さんの切れ長な目が鋭くなった時見ていて私も凍り付きます。

周りの人間の嫉妬や競争心も駆り立て、巧に人を操っていく人物はなかなかいないので見応えがあり、向井さんのこれからの演技にも注目していきたいと思います。

対照的に、桐谷さん演じる吉崎は厳しいことも人には言いますがそれは優しさでもあり、誠実な所が伝わる爽やかな青年で、本来の桐谷健太さんの熱い男とは違った雰囲気で見ていて新鮮な部分があり、良いと思いました。

初めは積極的過ぎる今日子に引いていた吉崎が今後どのように今日子に惹かれていくのか楽しみで、今日子を辛い過去やトラウマから救ってくれる人物になると期待しています。

恐怖でゾクゾクするドラマは久々で、既にハマってしまいました。今後星名の行動がエスカレートし、今日子の精神状態はどうなっていくのか。三角関係の単純な恋愛ドラマとは少し違う内容を楽しみにしていきたいと思います。

女優 吉岡里帆 1-6 L版10枚

新品価格
¥9,800から
(2018/1/31 22:26時点)

folder お役立ち情報

No Image

more...