屋外でのミスチルコンサート。プラチナチケットで大盛り上がり

calendar

reload

私が最も感動したコンサートは、2007年9月29日に大阪長居スタジアムで開催されたMr.ChildrenのHOMEツアーです。

Mr.Childrenと言えば、言わずと知れた日本を代表するモンスターバンド。
チケットは、ファンクラブに入会していても取りにくいほど競争率が高いのですが、私は運良く前から5列目というプラチナチケットをゲットする事に成功しました。

会場は陸上競技場なので屋根なしの開放的な空間。
いつもはサッカーや陸上競技がされている所でコンサートを聴くのがとても新鮮でした。

会場は当然のように超満員。
開始前までは雑談程度だったお客さんの声が、ボーカル櫻井さんの歌声が聞こえると同時に割れんばかりの歓声。

私も目の前にいる憧れの櫻井さんの姿を見て、狂喜乱舞状態でした。
Mr.Childrenのコンサートは初めてではなかったのですが、いつものコンサートはアルバムの曲が中心で、昔の名曲が少なめといった傾向。

それはそれで満足だったのですが、やはり昔の名曲をもっと演奏して欲しいなとは思っていました。
その日のコンサートもアルバム曲中心なんだろうなと思っていました。
しかし蓋を開けてみると名曲のオンパレード。

 

名もなき詩やシーソーゲーム〜勇敢な恋の歌〜、Signなどの名曲だけでなく、コンサートでは滅多に演奏しないCROSSROADや初期の名曲My Lifeなどレアな曲も盛りだくさん。

一体どんな風の吹き回しなんだろうと思いつつ、あまりの感動にコンサートで初めて涙を流してしまいました。
周りのお客さんも名曲に感動し涙する人もいれば、じっと聞き入っている人など様々。

櫻井さんの美しい歌声と田原さんの味のあるギター、中川さんのベーステクニック、ジェンさんの激しいドラマパフォーマンスが上手にマッチしていて会場は最初から最後まで大盛り上がりでした。

その中でも一番の盛り上がりを見せたのが、名曲中の名曲であるイノセントワールド

アンコールの時に演奏され、サビの部分をお客さん全員で歌う場所があり、声が枯れるんじゃないかと思うくらいの大きな声で歌わせてもらいました。

みんなの声がスタジアムの夜空に響いているような感じで、気分は最高潮。
このまま時が止まってくれたらと思いました。o(^∇^)oワーイ♪

最後は当時の発売前の新曲、旅立ちの唄で終了。
もう夜は涼しい季節になりつつあったのに、盛り上がりすぎて汗びっしょり。
10年経った今でも頭の中にしっかりと焼き付いています。

Live Blu-ray 「Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25」[Blu-ray]

新品価格
¥6,592から
(2018/2/14 21:43時点)



この記事をシェアする