初参戦! 嵐のコンサート「Untitled」に行って来た

calendar

reload

初参戦! 嵐のコンサート「Untitled」に行って来た

昨年末、嵐のコンサートに行って来ました。
嵐と言えば、今やジャニーズ事務所の筆頭的存在、国民的アイドルの代名詞とも言える5人組ではないでしょうか。

それぞれがユニークな個性を持ち、多分野の才能に恵まれ、更に5人皆が仲睦まじい。それを観ている側もその関係性に思わず心が和みます。

老若男女、ファン層の広さでも定評がある嵐ですが、その人気ぶりから、ファンクラブに入っていてもコンサートチケットはなかなか入手出来ない程です。

事実、私はファンクラブに所属していますが一昨年のコンサートのチケットは落選していまいました。

そんな嵐のコンサート「Untitled」。クリスマスシーズンに東京ドームで行われる嵐のコンサートツアーとしては凱旋の日程に参戦する事になりました。

24日は相葉雅紀さんの誕生日でもある事から相当に倍率が高く落選し、第二希望の25日で当選しました。とても嬉しかったです。

東京ドームで行われるコンサートと言った類は初参戦の私。横浜アリーナのコンサートでも会場が広過ぎると思っていましたが、やはり比較にならない位東京ドームは広くて嵐自体を肉眼で確認する事自体がかなり難しく感じられました。

その点はとても創意工夫を感じました。モニターに大きく映像を映し出すだけでなく、それぞれが立っている位置のすぐ真後ろに大きく倍率したそれぞれの映像を映し出してくれて、後ろのモニターが影のような役割を担ってくれたりと遠くの人でも見やすいような配慮を沢山感じる事が出来ました。

また、それぞれの座席にマークが記してあり、そこにペンライトを登録すると自動制御でネオンの看板のように統率をとってくれたりとハイテク化も進んでいてお客さん同士も充分楽しめる演出が沢山ありました。

松本潤さんが最後に教えてくれましたが、東京ドームに集まったファンは5万5千人だったそうです。それだけの人数のファンが3時間のコンサートに集結すると思うと、嵐の人気の凄まじさがリアルに感じられて、鳥肌が立ちました。本当に凄いですね。

コンサート曲は、コンサートがスタートする直前に発売されたアルバムの曲がメインでしたが、懐かしい名曲やデビュー曲は必ずコンサートでは歌うような雰囲気でした。

デビュー曲「A・RA・SHI」はお客さんにマイクを向けてくれたので、皆が揃って歌い、その声が綺麗に揃って一種波のような一体感を生み出しました。

テレビでは味わえないこのライブ感は、やはりコンサートならではの楽しみだと思います。

行きたいと思ってもなかなか抽選にあたらないのが現実ですが、その3時間は本当に夢のようで終わった直後にまた来年も行きたいと思うには充分な内容だと感じました。

ARASHI LIVE TOUR 2016-2017 Are You Happy?(通常盤) [Blu-ray]

新品価格
¥4,754から
(2018/2/22 22:02時点)

Find The Answer(通常盤)

新品価格
¥1,178から
(2018/2/22 22:02時点)