ペンギンハイウェイの感想 切なくそして温かい気持ちにさせてくれる作品

calendar

reload

ペンギンハイウェイの感想 切なくそして温かい気持ちにさせてくれる作品

森見登美彦と言えば専ら京都を舞台に大学生たちがてんやわんや……といった作品で知られていますが、『ペンギン・ハイウェイ』はちょっと毛色が違います。他の森見作品を読んで苦手に感じている人に、お薦めしたい1冊です。

物語は、住宅街に突然ペンギンたちが現れた!というところから始まります。ペンギンたちはどこからやってきたのか?という謎に挑むのは、アオヤマ君。

様々な研究をノートに書き留める、まじめで変わり者な小学4年生は、クラスメイトのウチダ君とともに冒険と研究を繰り広げます。

ペンギンの謎に関わる歯科医院のお姉さん、森の奥に現れる不思議なものたち。めくるめくファンタジーの世界が繰り広げられます。

しかしこの物語の主人公であるアオヤマ君は、あくまで「研究」というスタンスを崩しません。彼にかかれば、ブロックで宇宙ステーションを建設するのも、森を探検して地図を作るのも、そしてペンギンが何もないところから発生する謎を探すのも、すべて並行する「研究」なのです。

「ぼくはたいへん頭が良く、しかも努力をおこたらずに勉強するのである。だから、将来はきっとえらい人間になるだろう。」と言ってのけるアオヤマ君。

なかなかパンチの効いたキャラクターです。彼の眼を通して見える世界は不思議で満ち溢れていて、ワクワクさせられます。

一方、アオヤマ君の周りのクラスメイト達は小学生らしい子供たちです。いじめっこの「スズキ君」、研究仲間の気弱な「ウチダ君」と強い女子の「ハマモト」さん等々。

特にスズキ君は、好きな子にいじわるしてしまったり、歯医者が怖かったりと、非常に分かりやすいキャラクター。嗚呼小学生……という感じです。

そして、ウチダ君とハマモトさんとアオヤマ君の3人は「研究」を行います。3人の研究が謎の核心に迫るとともに、街中を巻き込みながら、クライマックスに突入します。

アオヤマ君と歯科医院のお姉さんを中心とした不思議な世界が、この本の魅力の一つです。 しかし、語らずには済ませられない点がもう一つ。お姉さんに寄せる、アオヤマ君の恋の純真さです。キュ―(*´U`*)―ン

ペンギンの謎とお姉さんの不思議は結びついていて、「お姉さんのことをもっと知りたい」という気持ちと研究はリンクしています。それに、早く立派になりたいと、大人になる日を指折り数えるのも、お姉さんと肩を並べたいのだろうなと思わせます。

それだけに、物語の結末には切ない気持ちにさせられます。その一方で何だか温かい気持ちも溢れてくる、そんな作品でした。
ぜひ読んで、感じてもらいたいと思います。

ペンギン・ハイウェイ

新品価格
¥1,280から
(2018/3/20 07:27時点)