EveryLittleThingの持田香織は「ライブ映え」する

calendar

reload

EveryLittleThingの持田香織は「ライブ映え」する

2001年7月16日、女性ボーカルと男性ギタリストのユニットEveryLittleThingのコンサートに行きました。会場は東京国際フォーラムでした。

その日は、午前中は仕事をして半ドン退社をしてコンサートの為の会場へ向かいました。

会社を退社したのが13時30分頃で、コンサート会場時間が17時30分でまだ時間がたっぷりあるので、職場の池袋から有楽町線の有楽町駅へ行ってもまだ時間がありあまっているので、銀座周辺を歩いていました。

既に梅雨明けしている時期でしたので、当日はものすごく暑かったのを今でも覚えています。

今はもう閉鎖していますが、マクドナルドで開場時間直前まで暇つぶしをしていました。

そして、会場時間も近づいたので、一緒に観に行く友達と現地で合流して、東京国際フォーラムの中に入り、係員の指示に従って入場しました。

ステージからは割と近い位置でしたので、ボーカルの持田香織の顔がはっきりとわかるくらいでした。

EveryLittleThingのコンサートはその時で2回目でしたが、最初のコンサートはまだ3人時代でしたので、元リーダーの五十嵐充が脱退した後は初めてでした。

持田香織は改めて見ると可愛いな、とウットリしていました。(´•ω•`♥)きゅぅん
客層は同世代の20代前後の女性が多かったです。

後はカップルで来ている人とか。
私も恋人ではありませんが女友達と一緒に行ったので、女性人気がやはり大きかったたと思います。

その年に丁度、4枚目のオリジナルアルバム『4FORCE』が発売されたばかりでしたので、そのアルバムの曲を中心に歌っていました。

 

シングル曲だとバラエティ番組で有名な『あいのり』という番組のテーマソングである『fragiⅼe』やドラマ『ビッグウィング』主題歌でおなじみの『GracefulWorld』を披露していました。

『GracefulWorld』は当時、通勤する時は毎日聴いていた曲なので、それを生で聴けるとは思わず、興奮しました。♪───O(≧∇≦)O───♪

歌詞の内容もメッセージ性が強く、元気を出したい時は必ず聴いていました。

『sweetaholicgirl』は甘いお菓子が大好きな女性が彼の為にダイエットを決意するんだけど、中々出来ないもどかしさを歌っている曲で、愛おしくて可愛いと感じてました。

このコンサートから3カ月後に発売されたシングル『Jump』では別人のように歌声が変わっていたのでびっくりしました。

私が観に行ったコンサートの時は歌い方は今までと変わってなかったので、8月・9月の間に何があったのか気になっていました。

ライブが絶頂に盛り上がるとお決まりになっている持田香織の恒例の掛け声、
「お前らあほになる気はあるのか~」というぶっ飛び発言はまだなかった頃です。

テレビの歌番組のトークの時よりはリラックスした感じで活き活きした持田香織を見る事が出来ました。

今どきの言葉で言うと「ライブ映え」するアーティストなんだと感じました。

コンサート終了後はグッズ販売店でポスターを大量に買い占めました。
つい最近まで実家に貼ってあるのを思い出し、懐かしい気分になりました。

Tabitabi Every Best Single 2 ~MORE COMPLETE~(6CD 2DVD)

新品価格
¥4,171から
(2018/3/26 20:03時点)

ランキングに参加しています。下のバナーを押していただけると大変嬉しいです。ヾ(*´∀`*)ノ

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


海外ランキング