心が洗われる屋久島への旅行記

calendar

reload

心が洗われる屋久島への旅行記

当方、30代の男性です。
私は20代前半の時に、一人旅で屋久島に旅行に行きました。そこでの旅行がとても思い出深いものになったので、その時の体験談を紹介します。

屋久島に行ったのは、2011年の5月に、GWの長期連休を使っての旅行です。

私は神奈川に住んでいましたので、まずは羽田から鹿児島空港まで飛行機でいき、まずはそこで前泊です。

ちなみに、鹿児島は、何か名物のおいしいものでも食べたいと考えていたため、夕食は有名な居酒屋で鹿児島豚料理を堪能しました。

これはすごくおいしくて、今までに食べたことない豚肉の触感だったことを覚えています。柔らかいのですが、確かな歯ごたえがあって、食べごたえがありました。

そして次の日に目的地の屋久島に向けての出発です。計画当時は、格安旅の予定だったので、フェリーでの上陸を考えていましたが、その日はあいにくの悪天候だったため、フェリーは運休でした。代わりに、高速船での移動に変更しました。

屋久島での目的は、当然縄文杉にあいに行くことです。しかしそれだけではありません。屋久島には縄文杉以外にもたくさんの見所があることが事前の調査で分かりました。

その中でも有名なのが、もののけ姫に出てきそうな苔に覆われた森、白谷雲水峡です。これも今回の目的地です。正直、そこを目的地にして正解でした。

まず、縄文杉の雄大さに大きな感動を受けました。今までに見たことのない大きな杉で、樹齢は4000年以上も経っているとのことです。しかも縄文杉以外にも、そこに行くまでにはたくさんの大きな屋久杉を見ることができました。

その時の話では、実は縄文杉の中身はすでに空洞となっているようで、いつ倒れるかわからないそうです。したがって、これから先、縄文杉はいつか見学禁止になる可能性があるらしく、私は今のうちに見ることができて本当に良かったと思っています。

そして、白谷雲水峡では、本当にもののけ姫の舞台にタイムスリップしたかのような幻想的な雰囲気を味わうことができました。

さらに、白谷雲水峡ゴール地点でもある、太鼓岩という大きな岩がある山の頂上から見る屋久島の風景と言ったらとても素晴らしく、言葉にすることができません。

見渡す限りのきれいな緑色した平原が広がっていました。屋久島は本当に自然が豊かで、心が洗われるようでした。

今回の旅行では、とにかく格安旅をすることが目的でしたので、大体トータルで10万円以内だったかかと思います。

行きは飛行機と高速船、帰りはフェリーと電車、屋久島での宿泊もゲストハウスでと、なかなかにお得に旅ができたかと思います。

なお、屋久島で宿泊するときは、是非ともゲストハウスをお勧めします。宿泊費が安いことはもちろん、そこに宿泊している人との交流が楽しいからです。

わたしは割と人見知りな方ですが、そこを利用しているほかの旅行者や宿の人たちはとても温かく迎え入れてくれました。一生の思い出です。

ランキングに参加しています。下のバナーを押していただけると大変嬉しいです。ヾ(*´∀`*)ノ

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


海外ランキング



この記事をシェアする