楽しく実りある人生を共に歩もう

楽しく実りある人生を共に歩もう

スイス チューリッヒの観光旅行

calendar

reload

スイス チューリッヒの観光旅行

一生に一度の忘れられない旅行として、スイス連邦のチューリッヒへ2016年3月の上旬に4泊6日の日程で行ってきたことについて書きたいと思います。
スイス連邦はアルプス山脈に囲まれた国であり、多民族国家であるので、公用語にドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語が使われています。学校教育で英語を学んでいるので、観光先では、英語で話しかけても全く問題ありません。チューリッヒは、スイスの最大都市であり、チューリッヒ国際空港やチューリッヒ中央駅などのスイス最大規模の交通アクセスがある都市です。気候は冷涼な気候であり、年間を通じて夏季の30日程度しか25℃を超えることが無いようです。ですので、チューリッヒへの旅行の際は、長袖の衣類を持っていく必要があります。
スイス連邦はアルプス山脈の雄大な自然を保有する国ですが、その広大さのため観光するには、豊富な時間が必要になります。今回の旅行は冬であり、気候的に寒かったので、チューリッヒ市内の博物館、美術館を巡りました。チューリッヒには多くの博物館や美術館が立地しており、代表的なものとしてスイス国立博物館やチューリッヒ博物館が挙げられます。私が訪れたのは、スイス連邦工科大学の博物館と、チューリッヒ市内の博物館です。スイス連邦工科大学は、物理学者アルベルト・アインシュタインや現代医療に欠かせないレントゲン写真を発明したヴィルヘルム・レントゲンが在籍した大学で、これまでに21人のノーベル賞受賞者を輩出している世界的に有名な大学です。チューリッヒ中央駅の近くのキャンパスにはアインシュタインの功績を称えたブースが設置されております。現代の私たちの生活を非常便利しているGPS。これも彼の発見した相対性理論による産物であるということを知ることができ、非常に感動しました。
現地のレストランでは、チーズフォンデュを食べましたが、とても濃厚なチーズで、チーズ好きにはたまらない一品でした。

旅行費用は、総額28万円程で行くことができました。交通手段は、スイス航空を利用して、旅行の二か月前に予約を入れました。航空機はエコノミークラスを利用し、往復代金は16万円程で、現地滞在のホテル代6万円、現地での食費3万円、市内交通費や観光に利用した費用3万円程でした。

Hotel Coronadoというホテルに滞在しましたが、非常に良いホテルでした。ホテルの前にチューリッヒ中央駅に繋がる市電の駅があるので、交通の面で非常に便利でした。

また、朝食がついており、パンの種類も豊富で非常においしい食事をとることができました。1泊1万円ほどですが、物価の高いスイスでは、格安のホテルだと思います。
滞在中に訪れたチーズフォンデュ専門店の中では、「Swiss Chuchi」が非常にオススメです。


チーズフォンデュは、2~4種類のチーズがブレンドされたものから選ぶことができ、ブレンドするチーズの数が多くなると、値段が上がっていきます。私は、友人と2種ブレンドを1つと4種ブレンドを2つオーダーしましたが、4種の方が、より濃厚でおいしかったです。
アルコールの種類も豊富に取り揃えており、チーズに適したワインを店員が教えてくれます。

写真1  チューリッヒ市内の街並み
写真2 チーズフォンデュ専門店「Swiss Chuchi」
写真3 チューリッヒのレストラン街”