事故による入院

calendar

reload

事故による入院

これは私が交通事故により総合病院に入院してしまった時の体験談をお話しさせて頂きます。
3年程前に大雪が降った次の日の事だったのですが、仕事帰りに山道を走っていたら目の前で車がスリップして動けなくなっていました。その車を押し出そうと車両から出たところ、後方から止まれなくなった車が私の生身に衝突して腰椎破裂骨折と左大腿部骨折にて即救急車に運ばれてしまいました。

総合病院に運ばれて大部屋に入ったのですが、次の日には左大腿部の手術をしました。また、3週間はベットがら起き上がれないことを主治医の方に言われました。腰はそこまで痛くなかったのですが、左足は全然動かないしとても痛いし本当に治るのか不安でした。

リハビリの方が部屋に来て動かしてくれる時は最初は痛くて全然曲がらなかったのですが、繰り返し動かしていくうちに少しずつ自分で動かせて痛みも落ち着いてきました。ただ3週間ベッドにいなければいけないことはトイレにも行けないという事でした。排尿は尿瓶を使ってなんとか出来たのですが、排便はオムツにしなければならない状況に困惑しました。

看護師さんにお世話になるのが嫌だったためなるべく排便をしないようにしていました。その内、お腹が張っている感じがあり致し方なく排便をしたのですがその後に看護師さんにオムツを替えられた時は恥ずかしさでいっぱいでした。(///□///)

看護師さん達から特に気にはしないと言ってくれていましたが、20代だった私には耐え難いものでそこからはなるべく食事や間食をし過ぎないように心がけていました。お風呂にも入れないので、看護師さん達が清拭という体を拭いてくれる作業は恥ずかしかったけど結構気持ちよかったのは覚えています。変な気分にならないように逆に気を張っていました。

病院のご飯は薄味でしたが野菜やタンパク質などを考慮してくれた食事だったので特に苦痛なことはありませんでした。強いて言うなら、排便しないように食事の量を減らしたから足りないようなことが多かったくらいです。普段仕事をしていて休みたいなとは思っていたのですが、ずっとベッドにいると暇で暇で色々考えてしまうのが苦痛でした。

日中も寝ているから夜に眠ることが出来なかったり、大部屋だったので横の人がテレビを見ている光とかいびきとかが気になったりと夜は非常に退屈でした。ずっと携帯をいじっていたので、すぐに容量制限まで超えてしまって通信が遅くなる始末でした。

やっと3週間が過ぎて起きれるようになりましたが、左足は体重をかけちゃいけなかったため車椅子でトイレや病棟を移動するはめになりました。車椅子に乗って思ったのは子供の姿勢の目線ってこんなに低いんだなと思った事と、病院って廊下に段差がないからバリアフリーに出来ているんだという事でした。

リハビリでは松葉杖を使う練習をしたのですが、案外簡単で私はすぐに松葉杖で歩けるようになり1ヶ月半で退院する事が出来ました。最初の3週間が本当に辛かったのですが、それ以降は食事も勝手に出てくるし色々な人と話せたから入院もそこまで悪くはないと思ってしまっていました。交通事故なので金銭面は気にしていなかったのですが、働かないと収入が減る一方であったので早く退院して復職出来たのは良かったです。後悔があるとすればベットで横になっていた3週間に本でも読んでおけば良かったなという事くらいです。



この記事をシェアする