楽しく実りある人生を共に歩もう

楽しく実りある人生を共に歩もう

フランス旅行

calendar

reload

フランス旅行

私が今までの旅行で一番感動した旅行はフランスです。
私は3年前に1人でフランスのパリに旅行に行ったのですが、色々な出来事がありました。

初の海外旅行がフランスでしかも1人でした。羽田空港から出発してイギリス経由でフランスへと行きました。
途中機内の中でふと窓の外を見ると、一面真っ白で見渡す限り白でした。
場所を確認したところシベリアでした。

テレビでよく聞く名前でしたが、実際に見れてフランスに着く前に、あまりの美しさにすでにかなり感動しました。
フランスに着くと、初めての海外で周りは外人さんしかいなくて少し不安でしたが、それよりもワクワクのほうが大きかったです。

空港からバスで予約していたホテル付近まで行きホテルを無事見つけて、中へと入りました。
受付の人に片言の英語で喋りかけると、話が通じてかなり嬉しかったです。
部屋に荷物を置くと、私はすぐにパリの街に冒険に出ました。

見るもの全てが新しく、道端には大道芸をしている人たちがいて、ダンスを近くで見たのですがかなりハイクオリティで思わずチップをあげてしまいました。
とにかく街を歩いているだけで、感動と驚きの連続で最高でした。

私はお腹が空いて、夕方頃に早めのディナーを食べに適当な店に入ると、フランス料理のレストランでおススメをくださいと言うと、なんとエスカルゴのカレーが出てきました。
カレーの中にカタツムリが入っているのですが、かなり味は良くて満足でした。

フランスといえばワインの産地でかなり有名なので、こちらもおススメの赤ワインを出してもらいました。
1人で知らない海外で飲むお酒は最高でした。
びっくりしたのが、隣のテーブルに座っていた15.6歳くらいの女の子がふつうにワインをガブガブ飲んでいて、日本ではあまり見ない光景に少し驚きました。

私はフランスで一番行きたかったところルーブル美術館に行きました。
入って奥に人だかりができていて、そこにモナリザが飾ってありました。
近くで見るとあまりの美しさに息を呑みました。
私にはモナリザの顔が笑って見えました。人それぞれ見え方が違うみたいです。
ルーブル美術館は本当に素晴らしい作品ばかりで何度も立ち止まって作品に浸っていました。

外に出ると、私の後ろについてくる人がいてその人から手にブレスレットを無理矢理つけられて5ユーロ請求されて結果的に買わざるいけない状態になり嫌々買いました。このように、パリは本当に素晴らしいところですが、かなり日常的にスリ、物乞いが寄ってくるのも事実です。フランスは建物が1つ1つとてもおしゃれでずっとワクワクドキドキしっぱなしでした。
フランスの旅費は日本円で40万円程かかりました。

エッフェル塔の下にいる黒人さんたちが光るエッフェル塔の置物を持っていて、おみやげに勧められたので購入しました。この人たちの中にも詐欺がいるので注意が必要です。
フランス旅行で私は感受性が豊かになれて本当に最高の旅行でした。
20代のうちにまた必ず行こうと思っています。