新潟小学2年生女児殺害事件

calendar

reload

2018年5月7日午後10時半ごろ新潟県新潟市西区のJR越後線で小学2年生の大桃珠生さん(7)が遺体で見つかった。警察が遺体を調べた結果、死因は窒息死で線路に置かれ電車にはねられる前に殺害されたとみられています。

警察によると珠生さんは7日午後3時ごろに友達と一緒に小学校から下校し自宅から300メートル離れた越後線の踏切で友達と別れた。

その後、ひとりで自宅の方向に歩いている姿が近所の人に目撃されていることから踏切から自宅までの間に何者かに連れ去られて殺害され線路に置かれた疑いが強いとみられています。

また、珠生さんは友人に7日朝に黒い服のサングラスのおじさんに追いかけられたと話していた。この現場周辺では昨年の秋から10件以上不審者の目撃情報があり捜査本部では関連を調べていた。

14日この事件の重要参考人として事情聴取していた23歳の男性がこの事件の関与を認める供述を始めたことなどから、死体遺棄と死体損壊の容疑で逮捕したと先ほどニュース速報がありました。

まず、この事件には疑問点がいくつかあるのですがまずひとつは、昨年から不審者の目撃情報が多数あったにもかかわらずどうして警察を含め学校や地域でもっと有効な対策を立てることができなかったのかということです。

小学生には防犯ブザーを持たせ学校では不審者に遭遇したときなどの適切な行動を教えていたそうですが小学生では力ずくで車に押し込められでもしたらどうしようもないことは誰にも明らかであったはずです。

朝は通学路にボランティアが立って見守っていたということですが下校時は何もしていなかったと言われています。

子供が下校時に帰宅するまで完全に一人にならないようにするのは難しいと思いますが、不審者が何度も目撃されていた地域なのでなにか防ぐ方法はなかったのかと思わざるを得ないです。

また、珠生さんの両親が警察に連絡して夜に小学校の校長や警察関係者が珠生さんの自宅を訪れていたにもかかわらずほぼ同時間帯に自宅の近くの線路に遺体が置かれたことにも疑問を感じました。

現在、容疑者が逮捕されてたのでよいですが、もしもまだ捕まっていなかったら犯人を捕まえる大きなチャンスを逃したということになっていたと思います。

容疑者が比較的早めに逮捕されたことは不幸中の幸いでしたが、このようなことが二度と起きないように今後はもっと有効な対策を考えないといけないと思いました。

また、去年から目撃されていた不審者やこの事件後も目撃されていた不審者がこの容疑者と同一人物なのかはまだわからないのでこの事件の容疑者が逮捕されたことに安心するのではなく、少なくともしばらくの間は保護者や学校の先生、ボランティアの人などが登下校時に見守っておいた方がよいと思いました



この記事をシェアする