楽しく実りある人生を共に歩もう

楽しく実りある人生を共に歩もう

目黒5歳女児衰弱死について思うこと

calendar

事件は東京都目黒区で起こりました。虐待を受けたとされる船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5)が3月に死亡した事件で、警視庁は6日、すでに傷害罪で起訴されている父親の無職船戸雄大容疑者(33)を、保護責任者遺棄致死の疑いで再逮捕し、母親の優里容疑者(25)も同容疑で新たに逮捕しました。2人とも容疑を認めているそうです。

捜査1課によると、2人は1月下旬ごろから結愛ちゃんに十分な食事を与えずに栄養失調状態に陥らせ、2月下旬ごろには結愛ちゃんが衰弱して嘔吐(おうと)するなどしたにもかかわらず、虐待の発覚を恐れて病院を受診させることをせずに放置し3月2日に低栄養状態などで起きた肺炎による敗血症で死亡させた疑いがもたれています。

一家は今年1月に香川県から目黒区に転居し、県の児相から引き継ぎを受けた品川児童相談所が2月に家庭訪問したようですが、優里容疑者とは会えたものの、結局結愛ちゃんには会えなかったそうです。

このニュースを見て、何度目だろうという気持ちで胸がいっぱいになりました。それは無職の父、被害者は母親の連れ子、そして衰弱死というキーワードに対してです。

今回の事件では、香川県で2度自児童相談書に保護されていた経緯を経て、目黒区で最悪の結果を迎えました。この手のニュースでは、世論は異変に気付けなかった行政に対して矛先が向くことが多いように思いますが、私は実の母親に対する憤りを感じます。

19歳で出産、現在25歳の母親はやはりこの子が邪魔だったのだろうか。と邪推してしまいます。

標準体重が20キロの子供の体重は12キロだったとのことですが、一朝一夕ではこの虐待は成立しません。例えば、怒りにまかせた暴力によって引き起こされた結果とは、一線を画する犯罪だと言えます。

女性が一人で子供を抱えて生きていくためには仕方なかったのかとも思いましたが、男性は無職とのことですのでもう理解を超えています。

そしてテンプレートのように、男性との間には二人の子供がいる状況です。また、この事件では、香川県警が2度書類送検していて、いずれも不起訴になっています。

警察がきちんと法的な手続きをとってなお、死亡するまで止められない現実にどうにもやるせなさを感じざるを得ません。

ちなみに死因である肺炎による敗血症は、90歳以上の死因第一位だそうです。呼吸器の異常による病気は相当な苦しみだったと思われます。みなさんはこの事件どうすれば防げたと思われますか。



この記事をシェアする