楽しく実りある人生を共に歩もう

楽しく実りある人生を共に歩もう

『NEWS ZERO』のメーンキャスターが交代

calendar

reload

『NEWS ZERO』のメーンキャスターが交代

『NEWS ZERO』のメーンキャスターの村尾氏が降板し、その後に有働アナが登板することになったようです。

NHKでは発言にも制限があったかもしれませんが、民放では自分の意見も言いやすくなったのではないかと思います。

私は有働アナがNHK時代にニュースの原稿を読んでいる姿を見かけたことがなかったので、その点では新鮮かもしれません。

しかし、『NEWS ZERO』は報道番組なので、普通にニュースの原稿を読むのとは少し違う印象があります。

有働アナは朝の番組が長かったですが、それ以前のイメージはアメリカニューヨークに滞在して、現地リポートをしている様子が印象的でした。

英語力を活かして『NEWS ZERO』でも、メーンキャスターとして何か役立ててくれれば良いのではないかと思っています。

今までの傾向を見ると、NHKのアナウンサーでもキャラなどが目立っている人は、ほぼフリーになっているような気がします。

やはりNHKの枠にはまりきれないものがあり、さらには一職員としての仕事だけではなく、自分のやりたいことがあったのだと思います。

もとNHKアナだった人も大勢、民放で活躍しています。
もちろん、民放アナを辞めて、フリーになって活躍している人もたくさんいます。

有働アナはフリーになっても、引く手あまたでいろいろな仕事の誘いがあるでしょう。

さらにスキルを磨いて、日本を代表するようなキャスターになっていってほしいものです。

年齢的にもまだまだ続けられますし、親しみやすいキャラクターなので、多くのファンが新たにできるかもしれません。

何よりも有働アナ本人が楽しんで仕事に臨んでいる様子が、視聴者側から見ても好印象を受けます。

櫻井キャスターや他の出演者とも、どのように絡んでいくのかも注目していきたいところです。
おそらく有働アナのことなので、そつなくこなしていき、視聴者も安心して観ていられると思います。

以前のフリーアナウンサーの中には、前に出過ぎているというか、どちらかというと、ギラギラした印象を持った人もいました。
アナウンサーは情報を的確に伝え、さらにキャスターの場合は、それに対して自分の意見も述べていくと思います。

しかし、あまりにも個人的主張が強すぎると、視聴者側も引いてしまいます。
やはりこれからの時代はギラギラではなく、爽やかな印象がアナウンサーやキャスターなどの報道関係者にも求められることだと思います。

そのような点を考えても、やはり有働アナの登板はとても良い選択だったのではないかと思っています。
これから益々の活躍に期待したいです。



この記事をシェアする