楽しく実りある人生を共に歩もう

楽しく実りある人生を共に歩もう

仮想通貨取引所のSBIバーチャル・カレンシーズスタート

calendar

国内の仮想通貨市場に関して、注目されるニュースが入ってきました。
新規の仮想通貨取引所であるSBIバーチャル・カレンシーズが、6月4日からついに仮想通貨の取引をスタートさせました。

既に仮想通貨取引所は国内にも複数存在する中で、このニュースが仮想通貨界隈で大きな話題になっていることには理由があります。

まず、2018年に入って仮想通貨の価格が下落し、昨年のブームが去ってしまったかのような閉塞感があったことです。

そこにSBIホールディングスという大きな企業の子会社が仮想通貨業界に参入したということは、国内の仮想通貨取引量が増える意味で強いインパクトがあると思われるからです。

そして、SBIバーチャル・カレンシーズは、仮想通貨の「リップル」の取り扱いからスタートさせたという点が異色な部分です。

仮想通貨の基軸であるビットコインの取り扱いを中心に始めるのが一般的ですが、SBIバーチャル・カレンシーズはあえてリップルを中心に据えようとしているようです。

それだけSBIバーチャル・カレンシーズがリップルに高い評価をしているということですし、また他の仮想通貨取引所との差別化を図る意味でも、リップルを主体にしたということには意味があるでしょう。

実際、仮想通貨投資をしている人の中には、リップルを高く支持している人がいます。

技術力の優れたリップルを国際送金として利用する企業も増えてきています。
期待値の高いリップルですが、現在は低い価格に留まっており、その通貨価値と価格が釣り合っていないという評価が多数を占めています。

今後リップルが大きく値を上げると予想している人も多く存在し、SBIバーチャル・カレンシーズの取引スタートがその一つの起爆剤になるのではないかと期待されています。

現在は、先行で口座開設の申し込みをした人だけですが、7月からは一般の募集も始まるため、国内のリップルの取扱量が増えることは間違いありません。

また、リップル以外にもビットコインやビットコインキャッシュの取り扱いも計画されており、仮想通貨全体の取引量にもプラスになっていくでしょう。

但し、SBIバーチャル・カレンシーズが他の取引所に比べてどのような特色があるのかの全容はまだはっきりとしていません。

仮想通貨投資家の期待に応えるような取引所になれば、リップルの価格上昇はもとより、他の仮想通貨の価格上昇にも貢献する可能性があります。

それらのことは、7月からの本格的な取引の拡大によって判断されていくことになるでしょう。



この記事をシェアする