楽しく実りある人生を共に歩もう

楽しく実りある人生を共に歩もう

救えた筈の小さな命

calendar

reload

連日のように報道されている虐待事件に胸が締め付けられる思いです。
両親に虐待されて命を落とした船戸結愛ちゃんは、まだたったの5歳です。これから、まだまだ長い人生が待っていた筈なのです。

結愛ちゃんは、5歳にしてひらがなが上手に書けました。本当なら、自分の名前や、夢や希望を書く筈のところを、結愛ちゃんは親への謝罪文を書き続けていたのです。こんな、こんな切ない事がありますか?こんなひどい仕打ちがありますか?

結愛ちゃんは、遊んだ事を謝っていました。なぜ、謝る必要があったのでしょう?子供は遊ぶのが仕事です。結愛ちゃんは、遊んで良いのです。結愛ちゃんは、母親の連れ子だったそうです。だから、愛情が持てなかったのでしょうか?子供を愛する気持ちに、血の繋がりは関係あるのでしょうか?

結愛ちゃんは、まだ5歳だというのに、風呂掃除までさせられていたのです。
細く、小さな手で一生懸命洗い続けたのでしょう。綺麗にしたら、きっとお父さんやお母さんも喜んでくれる。きっと優しくしてくれる。結愛ちゃんはそう思いながら、風呂掃除をしたり、言われた通りにひらがなの練習もしたのでしょう。

そして、もう一つ腑に落ちないのが行政の対応です。結愛ちゃんは香川県で二回も保護されています。なぜその時に、結愛ちゃんを親元へと帰してしまったのでしょうか?
親とのトラブルを避ける為でしょうか?虐待というのをあまりにも行政は軽んじているのです。何度同じ事を繰り返すのでしょう?何度小さな命を救えなかったのでしょう?

そして、近隣の人は気が付かなかったのでしょうか?小さな女の子の鳴き声が聞こえなかったのでしょうか?

親だからといって、子供に何をしても良い訳ではありません。
近隣の飲食店でのインタビューによると、結愛ちゃんの両親は赤ちゃんを連れてよく来ていたそうです。仲の良い家族に見えたそうです。

その間、暗く狭い部屋の中で結愛ちゃんはどんな気持ちで「ゆるして」という言葉を書き続けたのでしょう。誰にも助けてもらえず、孤独なままその短い命を終えてしまった結愛ちゃん。こんな形で両親から解放されるなんて、そんな悲しい事がありますか?

今一度、私達大人は考えなくてはいけません。
自分には関係がないからと背中を向けていては、救える筈の命は救えません。

特に、行政は今回の件を重く受け止めなくてはなりません。
小さな子供は自分で自分を守る事が出来ないのです。

そして、子供達のSOSを聞くのは私達大人しかいないのです。
これから先、こんな悲しいニュースが一つでも減る事を心から願います。

ブログ村 ライフスタイル情報



この記事をシェアする