楽しく実りある人生を共に歩もう

楽しく実りある人生を共に歩もう

ワールドカップ決勝トーナメント始まる

calendar

reload

ワールドカップ決勝トーナメント始まる

長きにわたりサッカー界を牽引してきた2人のスーパースター、クリスティアノ・ロナルドとリオネル・メッシの時代から次の世代への転換期を迎えつつあるのでしょうか。そう印象付ける1戦が6月30日キックオフとなりました。

連日ニュースで取り上げられているロシアワールドカップですが大会も開催して1週間が経ち、いよいよ負けたら終わりの決勝トーナメントが始まりました。

悲願のワールドカップのタイトル奪取を掲げまず登場したのはアルゼンチン代表の中心選手であるメッシ。クラブチームではあらゆるタイトルを獲得しながら代表では結果を出せずにもがき続けた男の最期の挑戦となった今大会。グループリーグでは初戦の対アイスランド戦ではまさかのPK失敗でチームを勝利に導けず、2戦目の対クロアチア戦でもノーゴールでしかも0-3の完敗。

チームがグループリーグ敗退の可能性もある中で迎えた3戦目の対ナイジェリア戦で待望の今大会初ゴールを決め徐々に調子を上げて臨んだ決勝トーナメント。相手は強豪フランス。この試合1-1で迎えた後半開始直後に逆転ゴールのアシストを決めるものの、その後フランス代表19歳の新星エムバペに2得点を許し厳しい展開となります。アディショナルタイムにピンポイントクロスでアルゼンチンFWのアグエロの得点を演出するがそのまま3-4で試合終了し、メッシのワールドカップ優勝の夢が散った瞬間となりました。

メッシの夢が破れた数時間後に登場したポルトガル代表の中心選手であるクリスティアノ・ロナルド。ロナルドもメッシと同様クラブ・代表でエースを務めるが、ポルトガルは2年前にはユーロを制し代表としてのタイトルを獲得し、欧州王者として臨んだだけに非常に期待値は高い中での今大会でした。初戦の対スペイン戦で圧巻のハットトリックを披露し、2戦目の対モロッコ戦でも決勝ゴールを奪うなどリーグ戦で計4ゴールと絶好調で決勝トーナメントに臨みました。

ですが決勝トーナメントではグループリーグ唯一無失点で勝ち上がってきたウルグアイ代表の堅守に苦しみ得点を奪う事が出来ずチームも1-2で敗戦しました。今大会33歳のロナルドにとってワールドカップ優勝はラストチャンスとなったでしょうが、ベスト16で夢破れた瞬間でした。主将としてピッチ内外でチームを引っ張ってきたロナルドの試合後涙を堪えるようにピッチを去った姿が印象に残った試合でした。

メッシは31歳、ロナルドは33歳で年齢的にも共に今大会が最後との声も挙がる中、サッカー界の巨星2人の夢が破れた6月30日決勝トーナメントの初戦となりました。



この記事をシェアする