楽しく実りある人生を共に歩もう

楽しく実りある人生を共に歩もう

『金持ち父さん 貧乏父さん』感想

calendar

reload

『金持ち父さん 貧乏父さん』感想

『金持ち父さん 貧乏父さん』この、興味を抱かずにはいられない変わった本のタイトルを知らない人はいないのではないかと思うぐらい、とても有名な本だと思います。私も長く知っていた本ではあるのですが、最近になって読む機会がありました。筆者はロバート・キヨサキという投資家です。”キヨサキ”というのは日本の名前ですし、巻末の写真も日本人に見えましたので、日系アメリカ人ではないかと思います。

現在の資本主義システムの社会において、どのように”ラットレース”から飛び出る事ができるのか、そして時間=賃金ではなく、資産を持ち、資産を増やしていく方法、お金の為に働くという、お金の奴隷になるのではなく、お金にお金を稼がせるという方法が筆者の実体験から書かれています。

この本が良かったと思うのは、よくあるハウツー本ではなく、筆者が実際に少年時代に出逢った“金持ち父さん”(お金にお金を稼がせる父さん)と、実父である”貧乏父さん”(お金を得る為に仕事をし続ける、いわば一般の生き方をしているお父さん)の対極的なお金に関する考え方を示しながら、二人のお父さんの教えの元に成長し、実際に筆者がどのようにして、あくせく働かずとも豊かな資産を増やし続ける事ができているのかという体験を元に描かれている為、非常に説得力もあり、読みながら考えさせられるので勉強になると感じました。

学校では一切お金に関する知識を教えてくれない、だから本を読むうちに、いかに自分がお金に対してのIQが低かったのかと愕然としてしまいました。親もお金の事に無知であるから、こうやって負の連鎖が起きているのだと思います。なので、子供を持つ親御さんにもお薦めしたい本です。

別の筆者の本で、今すぐ嫌な仕事をやめて、好きな事をしてお金を稼ぐように、という内容のものを読んだ事がありますが、まず、仕事を辞める勇気をどれだけの人がもてるだろう、子供もいるし、ローンもあるし、と多くの人がここで止ってしまい、非現実的に感じてしまうのだと思いました。

この本はその様に書かれておらず、”今の仕事を続けながら、ラットレースを脱却していく方法”を分かりやすく説明してくれているので、希望も持てますし、実際に役立てる事のできる知識が詰まっていて、ありがたいと思いました。筆者は非常に賢い方だと思います。


改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)



この記事をシェアする