教場感想

calendar

reload

警察学校を舞台とした長岡弘樹によるミステリー小説です。ミステリー小説といってもフィクションではなく、緻密な取材を年月をかけて行った上での、ノンフィクション要素の非常に強い小説です。

物語としては警察学校に入学した癖のある生徒達が数々の問題を起こし、それを不気味な雰囲気を漂わせた教官たちが独特の思考でおさめていく、といったストーリーになっています。短い編の集まりがひとつの物語を形成しており、各所にちりばめられた伏線があとあとに回収されていく様は見事です。

この小説でもっとも特筆すべきは、警察学校という独特の環境を徹底的にリアルに描写しきっているところです。警察学校に入学してくる前途ある若者たちは、まだ警察という組織の何たるかを知らず、あるものは何も考えをもたず、またあるものは青い理想を持って入学してきます。彼らを待ち受けているのは人間的な対話や成長・・・というよりは、洗脳にちかい価値観のインプットです。警察という組織で働く人間を、警察学校を卒業するまでに「完成」させることが教官たちの使命であり。もし「未完成」のまま警察という組織に人間を送り込むことは大変な危険を抱えることであり、あってはならないことなのです。

警察で働くにふさわしい洗脳されたロボット、それこそが求められている人材なのです。そのための人材を育てるカリキュラムは過酷で、「適さない」と判断された人間は問答無用でドロップアウトに追い込まれます。肉体的な鍛錬だけでなく、精神的に追い詰めることによって警察候補生の素質を判断していきます。ここは軍隊かとみまかう程の厳しさです。追い詰められていく生徒達の警察学校に対する葛藤や感情の爆発、教官との対立は読み応え十分です。

そういったストーリーを読み進めていく中で、教官の追っている使命と責任、どんなプレッシャーを抱えているのかなども描かれ、警察という組織全体の意思を垣間見ることができます。授業の様子や、組まれているカリキュラムも事実に基づいているので、警察官候補生がどのような段階を踏んで警察官として成長していくのかも知ることができます。

「警察学校の日常」のなかにミステリーが織り交ぜられていて一度読み進めると独特の雰囲気に引き込まれ、気がつけば警察学校の内部にいるかのような錯覚に陥るでしょう。警察官になるのはこんなにも大変なんだ、という驚きがありました。なおこの作品は六つのエピソードで構成されています。短編集なので気楽に読めると思います。

教場



この記事をシェアする