『旅をする木』感想:幸せな気持ちになれる本

calendar

reload

アラスカを愛し、若くしてアラスカで一生を過ごす決意をした写真家の星野道夫さんによるエッセイ集です。「母の友」という雑誌に掲載した短編のエッセイに、一部加筆し、1冊の本にまとめたものです。

短編集なので、まとまった読書の時間がとれない方にも読みやすい本です。また、自然や冒険が好きな方には、たまらない本だと思います。

それぞれの短編には、星野さんの日々出会った出来事や、想いが書かれています。移ろいゆく季節、氷河でのキャンプ、カリブーとの出会い、オオカミやクマの気配、先住民の残したものについてなど、星野さんの見る世界ついて、この上なく優しい文章で書かれています。

読んでいると、日本に暮らし、アラスカの地を見たことのない私でも、頭の中にその様子をありありと描くことのできる不思議な本です。この本を通して、アラスカと自分との関わりを意識できます。

また星野さんの感じたこと、考えたことも書かれています。日常の些細な出来事に振り回される一方で自然を感じて豊かになれる人間の心の不思議さ、なぜ秋が人の気持ちを焦らせるのかということ、知識でなく感覚で世界を意識した初めての瞬間などなど…そうしたことについて、淡々とそれでいて優しく述べられています。

決して自分の意見を押し付けることがありません。そうした星野さんの言葉に、はっとさせられ、またそれを探したくて何度も繰り返し読みたくなります。

私個人は、哲学的なお話が好きなのですが、日ごろ自分が人生や自然に対して感じていることを、言葉にまとめることができません。

ところが、この本には、まさにこれだ、と思う記述がちりばめられています。人生や歴史、社会に対する考えや自然の豊かさや厳しさについて、新しい発見をしたり、再認識することができるように思います。

幸せな気持ちになれる本

またこの本を読むと、幸せな気持ちになれます。おそらく星野さん自身が、日々選んで過ごしている自分の人生に、幸せを感じていたのでしょう。だから、私たち読者もその幸せを間接的に感じることができるのかなと思いました。

最後に「アラスカとの出会い」という短編を読んでいた際、以前どこかでこの話を読んだことがあるように思いました。

実は中学生の時に国語の教科書で読んでいたのです!50年近くたった今、意図せず全く同じ文章に触れ、同じ優しさを感じることができました。嬉しい再会でした。私と同じように、実は再会になる方もいらっしゃることでしょう。

旅をする木 (文春文庫)

新品価格
¥551から
(2017/12/12 21:10時点)