千姫様感想

calendar

reload

今回私がお勧めしたいのは、「千姫様」という歴史小説です。 平岩弓枝著、角川文庫より発売。 千姫は徳川秀忠の娘であり、豊臣秀頼、本多忠刻の正妻だった女性です。 彼女の半生を、侍女の「三帆」という女性の目線から描いています。

物語は、大阪夏の陣で豊臣家が滅びる場面から始まります。 夫と姑の命を助ける為に、実家である徳川家へ助命嘆願に千姫は向かいます。 しかし彼女の願いは届かず豊臣家は滅亡し、夫が亡くなったとの知らせが……。 傷心を抱えた千姫は、そのまま徳川家により保護されるのですが、江戸へと向かう道中で出会った若侍に、生まれて初めての恋心を抱いてしまうのでした。 揺れる千姫の恋は、どうなるのか。 そして最初の夫・豊臣秀頼が生きているという噂は真実なのか。 歴史小説であり、また一人の女性の人生を描く小説としても楽しめます。

特筆すべきは、語り手である千姫付きの侍女「三帆」の存在です。 平岩先生が作り出した架空の女性ですが、彼女の視線を通すことで、物語は更に面白くなります。 豊臣重臣の娘である三帆は、秀頼亡き後、別の男性に惹かれる主人に複雑な想いを抱いています。そして心の内では、千姫が恋心を抱いている本多忠刻へ、密かな想いを抱いています。忠実な侍女として仕えながら、内心では千姫へ密かに敵意を燃やす三帆。彼女がいることで、この物語の展開が一気にスリリングになります。 忠刻は企み通り、三帆に惹かれてしまうのか。そして瀬戸内の海を荒らす海賊は、本当にかつての夫秀頼達なのか……。お互い惹かれ合う千姫と、忠刻の恋の行方は。ドキドキしながら夢中で読み進めてしまいます。

そして私が特に興味を感じたのは、千姫の祖父である徳川家康の身内に対する描かれ方でした。 豊臣家に言いがかりをつけて滅ぼす狸親父でありながら、一方で憎めない部分も多く……。亡き母を想って涙ぐんだり、孫の千姫の幸せのためなら、手段を選ばなかったり。 敵には大変厳しいのに、好きな相手には滅法優しく、暖かい。 ある意味とても人間味ある人物と思いました。

この物語の魅力は、話の面白さは勿論のこと、主人公である千姫の存在も大きいです。世間知らずのお姫様ですが、ただ運命に翻弄されるだけの女性ではありません。夫の命を助けるために戦場を抜けたり、祖父を脅してでも、夫と側室の子を助けようとしたり……。 その場その場で、精一杯自分に出来ることをする、優しさと勇気、聡明さを備えた女性です。その一方で世間知らずで無垢な部分もあり、人をすぐに信じてしまったり。彼女の物語を、ぜひ沢山の方にも読んで頂きたいです。お薦めしたいです。

千姫様 (角川文庫)



この記事をシェアする