パラドックス13感想 正義感や倫理も危機を迎える世界

calendar

reload

ガリレオシリーズをはじめとする、数々の映画やドラマの原作を書いた東野圭吾さんの著書です。SFとも、サスペンスとも、ヒューマンドラマともとれる、終始ハラハラドキドキさせられる小説です。

少し厚めの本ですが、読み始めるとそんなことはすぐに忘れてあっという間に読み終わると思います。スピード感のある本を読みたい方にお薦めしたいです。

3月13日13時13分13秒、突然周りから人が消えた、というところからお話は始まります。

見た目は変わらない世界なのに、人がいないのです。やっと人を探すと、たった13人の人間しか残っていないことが分かります。

そして、時間の経過と共に、世界の形が変わっていきます。道路や建物は崩れ、自然災害が多発し、食料の確保が困難になり…見ず知らずの13人は、どのように生き延びようとするのでしょうか?そして、なぜ彼らだけになってしまったのか、他の人間はどうなったのでしょうか?

その答えを見つけるには、本を読むしかありません。予想もしなかった展開があなたを待ち受けています。何が起きたのか解った時に、あなたは大きなショックを受けると思います。そして少しずつ謎が解けていきます。

この13人の登場人物は、年齢も境遇も全く違う男女です。そのため、当然のことながら行動や考え方が異なります。

この人はこの場面でこうするか、もし他の人ならどうするだろう?自分は誰に最も近いのだろう?誰に共感するのか?などと考えながら読んでいました。

まるっきりキャラクターの違う人達がどう行動するか、そしてどうなるのか、それが知りたくて頁をめくる手が止まらなくなるでしょう。

ちょっとした楽しみとして読み始めた小説なのに、気が付いたら深いテーマについて考えさせられていました。 日常から突然大きく様変わりした世界では、これまでと同じ方法で生きていけないし、また正義感や倫理も危機を迎えるのです。

それまでの正義感や倫理では対応できない事態が次々と起きるのです。 私たちの現代社会も、この小説のような急激は変化ではないかもしれませんが、着実に変化し、数十年後か数百年後には、今とは全く違う社会になっているかもしれません。

そんな中で、変化に対応して変化させるべき倫理、守り抜くべき倫理とは何か、人間として「生きる」とはどういうことかを考えさせるような小説です。

読後数日間はこの小説の世界のこと、もし自分がこの小説の世界で生きるとしたら、ということを悶々と考えてしまいました。

パラドックス13 (講談社文庫)

新品価格
¥880から
(2017/12/1 21:55時点)



この記事をシェアする