『舟を編む』感想 青春小説のような爽快感のある本です。

calendar

reload

『舟を編む』感想 青春小説のような爽快感のある本です。

今日お薦めしたい本は『舟を編む』です。
『舟を編む』は、『きみはポラリス』『風が強く吹いている』などで有名な三浦しをんの作品で、2012年本屋大賞を受賞し、翌年2013年には映画化された作品です。

・あらすじ
「辞書は、言葉の海を渡る舟だ。ひとは辞書という舟に乗り、暗い海面に浮かび上がる小さな光を集める」そんな意味を込めて『大渡海』と名づけられた辞書の編集部に引き抜かれた馬締光也。

ベテラン編集者荒木や、老国語学者松本そして徐々に『大渡海』完成に情熱を持ち始める同僚たちと共に、辞書編集部は大渡海の完成を目指して邁進します。

見どころ、面白かったところ

一冊の辞書を作ることに人生を捧げる熱い情熱や、香具矢との極めて純粋な恋愛など、読んでいくうちにどんどん馬締という男の人柄に魅了され、読者である私自身も辞書の完成を強く望むようになりました。

また、馬締の辞書への愛はとどまることを知らず、辞書に使用する紙についても一切の妥協を許しません。ページのめくりやすさ、裏写りしないか、本にした時分厚すぎないかなど、『大渡海』のコンセプトに合わせて追求していく様も見どころがあります。

物語中盤から普通のOLである岸辺が編集部に加わります。岸辺の辞書編集に対する考え方とか態度が、馬締の仕事の熱意に感化され段々変わっていく様も読んでいて非常に面白く見どころがあります。

普段知ることもない辞書作りの仕事は、予想以上に地味でハードですが、言葉の意味に対して真摯に向き合う姿は勇ましく情熱に満ち溢れていました。

私が一番印象に残ったのは、同僚の西岡が馬締のために支援しているところです。前は仕事に不真面目であった西岡が辞書のために陰ながら精一杯サポートしようとしていたことにとても心打たれました。

・感想
タイトルや題材を見たときなんだか読みづらそうだし地味だと思いましたが、文章も平易で読みやすく専門的知識も全く必要ないのに加え、今まで気に留めなかった言葉の世界についての描写が緻密で面白く、どんどん読み進めることができました。

また恋愛小説としても卓越した作品で、馬締の性格ならではの恋愛模様は見ていて心躍り応援したくなりました。

特に馬締の香具矢に対して書いた漢文のような恋文は馬締らしい不器用さと誠実さを表していて面白いです。

あとがきにその文が載っていますが、下の欄で同僚が恋文にツッコミを入れる構造になっていて非常に楽しめました。

性別年代問わず誰にでもお勧めできる、青春小説のような爽快感のある本です。ぜひ読んでみてください。

舟を編む

新品価格
¥1,300から
(2017/12/4 17:13時点)



この記事をシェアする