思考は現実化する感想 世界で最も売れている自己啓発本

calendar

reload

思考は現実化する感想 世界で最も売れている自己啓発本

今日お薦めしたい本はナポレオン・ヒル著『思考は現実化する』です。

この本が出版されたのは1937年で、今から80年も前なのですが、世界で最も売れている自己啓発本だけあって、書かれている内容は色あせてはおらず、どの時代の人々にも勇気と成功へのヒントを与えてくれています。

それもそのはず、著者であるナポレオン・ヒル氏は鉄鋼王であるカーネギー氏の発案に従い、500名以上の成功者にインタビューし、そこから成功へ導くための哲学を体系化したからです。

成功者が成功するまでの過程を綿密に聞き出し、彼らに共通する考え方や行動の起こし方を整理したのです。

そして、人間は自分が思い描いたような人間になれる、つまり、「思考は現実化する」ことを軸としながら、「決断すること」、「信念を持つこと」、「忍耐すること」、「マスターマインドを持つこと」、そして「計画の組織化」こそが成功の扉を開けるカギとなるということをこの本で述べています。

読みどころや面白かった点は、全編を通して、なぜ自分が今の状態の自分であるのかを、やさしくわかりやすく語ってくれているところです。

うまくいっていることがなぜ、自分の周りに起きているのか?物事がうまくいかないと、とかく周囲の人や世の中のせいにしてしまいますが、なぜ、そのような事態を招いてしまったのか?

この本では読み手の不安を少しずつ取り除き、未来は自分の思い通りに描けるということを丁寧に教えてくれています。そんなところがとてもよかったです。

私は今から15年ほど前の30代前半、ちょうど第一子が誕生した頃にこの本を読みました。その1年前に、現在も勤めている会社に転職したため、今振り返ると人生のターニングポイントだったのかもしれません。

これからの時間をどう生き抜いていくか、どのような考えを持ちながら行動していくかといったことを考えていたときにこの『思考は現実化する』という本に出合いました。

世の中、目の前に起こる事象は複数人で共通していたとしても、そこから何を感じ、どう考え、行動に移していくかは人によって異なります。

この過程に見える、「思考」、「願望」、「信念」、「想像」の持ち方によって、その後の成功や失敗に分かれ道が生じることをこの本から学びました。

その後も自己啓発本や、いわゆる今流行している「引き寄せ」系の本も何冊も読みましたが、この『思考は現実化する』がその源流であるように感じ、それからは1年に1度、読み返すようにしています。

ですので、私にとっては非常に大切な本なのです。

思考は現実化する―アクション・マニュアル、索引つき

新品価格
¥2,200から
(2018/2/27 13:50時点)



この記事をシェアする