天地明察: 勇気と情熱と努力の大切さを教えてくれる作品

calendar

reload

天地明察は作者の冲方丁が吉川英治文学新人賞、更には本屋大賞を受賞した作品です。

将軍に碁の指南役として仕える渋川春海。しかし、碁にはさほど興味がなく、算術の方に興味津々。江戸の算術塾で算術の天才、後に和算の開祖と呼ばれることになる関孝和に算術勝負を挑むが、答えの出ない無術(回答不能)の問題を出してしまう。その事実に打ちひしがれ抜け殻のようになってしまった春海だが、天測(地図作成)を将軍の命により行い、日本各地を旅するにつれ、星の動きは算術と密接に関わりのあるものだと知り、また同道していた二人の役人に励まされ、再び算術に真摯に挑むことを決意する。そして、天測で得た知識から、今使われている暦は間違っている事に気づき、正しい暦を割り出すという難問に挑むことになる。

天地明察は渋川春海のへこたれない精神に勇気をもらえる作品です。得意な算術で関孝和に、無術という考えられない問題を出し、かなり落ち込んでしまっても、周りの人に励まされ立ち直り、さらに努力を重ねその時代の常識では考えられない暦が間違っているという主張をし、最後には認められるというストーリー。

人間味あふれる人物達の織り成すドラマは読了後、心地よい感動で胸が震えるほどでした。心が疲れている人、仕事や学業で悩んでいて勇気をもらいたい人にお薦めしたい一冊です。 渋川春海はいわゆる超人ではありません。歴史小説でよくテーマにされる織田信長や武田信玄。坂本竜馬や西郷隆盛のようなヒーロー達とは全く違います。

POINT

どちらかというと内気で傷つきやすく、才能の面でも将軍の囲碁指南役という立場にはいても、本因坊道策が上にいる。また大好きな算術においても関孝和という天才がいて一番になれない。そんな探せばどこかにいそうな人物です。 挫折して、落ち込んで、でも周りの人に励まされて立ち直って。恋に臆病で、人一倍努力して情熱にあふれていて。そんな人物だからこそ、読んでいて応援したくなり、物語に引き込まれるのだと思います。

渋川春海は、歴史小説に出てくる人物の中で私が一番好感が持てる人物です。憧れの人物というより友達になりたい人物です。渋川春海の偉業は多くの周りの人に支えられて実現したものなのです。これから私が困難にあったときはきっとこの人物のことを思い出すでしょう。 勇気と情熱、それから努力の大切さを教えてくれたとても素晴らしい作品でした。もちろん読み物としてもすばらしく、テンポの良い描写と流れるような心理説明で読み手を飽きさせません。読んでない方は是非一度読んでみてください。きっと楽しいひと時を過ごせることかと思います。

天地明察 上 (角川文庫)



この記事をシェアする