心をリセットしたラスベガスの旅

calendar

reload

心をリセットしたラスベガスの旅

私が今までの人生で、一番感動した旅行先は、アメリカ、ラスベガスです。訪れたのは2016年10月でした。

その時期、プライベートでとてもショックな出来事があり、塞ぎ込みがちな日々を送っていました。大きな世界を見て、一度自分の心をリセットしたいと思い、世界の絶景を調べ始め、その中でもグランドキャニオンに惹かれ、行き先をラスベガスに決定しました。

グランドキャニオンが一番の目的だったのですが、周辺には有名なスポットがたくさんありました。3泊5日という日数だったので、1日で4つの絶景スポットを回れる現地ツアーに申し込みました。

朝3時に集合し、アンテロープキャニオン、ホースシューベンド、モニュメントバレー、グランドキャニオンを巡るツアーです。

アンテロープキャニオンでは、自然の強さを感じます。名前は聞いたことは無くても、一度はCMや写真で見たことがあると思います。大洪水によって削られた渓谷に、上から光が差し込み、陰影が出来、とても幻想的な場所です。(アイキャッチ画像)

削れた渓谷が、鳥や横顔、波、動物、色々なものに見えます。自然こそが一番のアートだと感じる場所でした!

ホースシューベンドは、ここ最近有名になったスポットです。馬の靴という意味で、コロラド川が蹄鉄に見えることから、その名前がついています。壮大な景色に圧倒されます。一歩踏み出すと断崖絶壁で、柵もありません。その分、目の前で大自然を感じられます!足を投げ出して、スリル満点のインスタ映え写真も撮れます!

モニュメントバレーは、正直一番期待していなかったのですが、私の中では一番感動したスポットでした!360度、地平線まで続く赤い大地に、その中にまるで意図があって作られたような岩山が並び、記念碑のようなことから、こう呼ばれます。

今までの人生で観たことのない壮大さに、言葉が出ませんでした!目の前の景色に脳がついて行けず、まるで夢を見ているような感覚に陥りました!次は必ず、モニュメントバレーに泊まって、朝日を見たいと思っています!

そして、グランドキャニオンには、さまざまなビュースポットがありますが、夕日を見るためにウエストリム、ホピポイントに行きました。天空の庭、と言われるグランドキャニオン。赤や緑の壮大な大地に、オレンジの夕日が差し込み、一秒ごとに色が変わって行きます!夕日が沈むまで、自然のキャンパスを見ている気持ちでした!

これだけの絶景を満喫しましたが、ツアー代金が5万円、飛行機、ホテル代が7万円、その他食費や雑費で、18万ほどで3泊5日の旅を楽しめました。絶景スポットはもちろん、ホテル巡りやグルメもおすすめです。

ベラージオの噴水ショー、シルク・ド・ソレイユ等、エンタメの世界に浸れます。ホテルではカジノが必ずあり、1ドルから遊べます。

グルメでおすすめなのは、ウィンラスベガスのバフェです。日本人に合う味付けで、世界中の様々な味を出来立てで楽しめます。自然と都会が一気に楽しめるラスベガス、一度行ったらまた必ず行きたくなる素晴らしい場所です!



この記事をシェアする