サバイバル・ウエディングを観てわかったこと

calendar

このサバイバル・ウエディングを観て感じたのは、このドラマは、『失恋から立ち直る方法』を教えてくれている?!と思ったのです。

1.サバイバル・ウエディングってどんな話?
よくあるパターンではあります。笑
まず、ヒロインが結婚が決まるんですが、ドタキャンされます。
理由は彼氏の浮気(超王道)です。

ですが、職場に寿退社しちゃているので、引くに引けない?!さぁどうするよ?!って展開でーす。

2.ドラマの見どころ
王道展開ですが、その分気楽に楽しく鑑賞することができます。
まず、伊勢谷友介のドS編集長ぶりですね。

ヒロインの波留は、雑誌の編集部で働いたのですが、退職前に働いていた雑誌の編集長に出戻り復職を懇願します。そこでおしゃれ雑誌の「riz」での仕事を紹介されるのです。その「riz」というクラッカーみたいな雑誌の編集長が伊勢谷友介です。

まず、髪型が笑えるというか、とにかくはっちゃけてます。
破談になったばっかりのヒロインに「半年以内に結婚しろ!さもなくばクビ!
という、ご無体なセリフを吐くわけです。

ちょっと、考えてみてくださいな。
振られて、裏切られて、一つの恋愛、それも結婚して一生共にしようとした人と
ダメになったのに、「さぁ、次探せや!」と言われてもできます?

でも、私ちょっと考えたんですよ。これって荒治療だけど、有効な失恋からの立ち直り方じゃないの?!って、とにかく失恋から立ち直る方法って、「忘れること」って言いますよね。それをこのドラマは実践させようとしているんじゃ?!と思ったんです。

まず、配属された編集部で、波留は奴隷のような扱いを受けます。
伊勢谷扮する編集長から、皆の部下ですとメールされていて、とにかく雑用の嵐です。失恋後のメランコリックな気分を味わっている暇なんてナッシング!!

そして半年以内に、彼氏を探さないとクビというパワハラまがいの辞令もあります。
さぁ、どうする?!波留よ!って感じでストーリーは進んでいきます。

3.もっと見どころを紹介しちゃいます
私が好きだったシーンは、伊勢谷編集長から、絶対に元カレと連絡とるな!とお達しがあります。

ですが、波留のスマホには元カレからメッセージや着電があります。
「あ、彼から」と電話に反応しようとすると、あの伊勢谷編集長がじっと陰から見ているのです。ドアの隙間とか、ガラスに写りこんだりして、伊勢谷編集長がこっちを見ている!?ほとんど変集長ですよ。笑えます。ああいうシーン好きです。

あと、何か、これって必要なキャスト?と思うのがブルゾンちえみですかね。
インスタ大好き女子ということでチラチラ出てきますね。

そしてそして、美少年の吉沢亮くんがいい仕事していますので、乞うご期待!!
伊勢谷変?集長との今後の関係、そこへ吉沢亮君がどう絡んでくるの?!
といろいろ気になっちゃいますが。久々に続けて観ようかなと思うドラマです。

ランキングに参加しています。下のバナーを押していただけると大変嬉しいです。 ヾ(*´∀`*)ノ



この記事をシェアする