区長が逮捕されるニュースで思ったこと

calendar

名古屋市瑞穂区の区長が、恐喝未遂容疑で逮捕されたというニュースを見ました。区長は、客として訪れていた風俗店の元店員に金を貸しており、元店員が返済しないため「暴力団が取り立てに行く」などメールを送ったといいます。

まず最初に聞いて、区長という立場でありながらこのような事件を起こし逮捕されるというのは問題だという印象を持ちました。しかしのちにインターネットなどでこの記事を読んでいたら詳しいことがわかり、逮捕に少し疑問も感じました。

区長が貸した金を元店員は返済していません。区長はおそらく脅しのようなメールを送る前にも何度か返済を迫っているでしょう。それでも返済しなかったという元店員は、最初から返済しないつもりで金を借りたとも思えます。

だとしたら元店員のしていることのほうが悪質だと思います。区長が自分のものではない金を元店員から脅し取ろうとしたのならば恐喝とわかりますが、自分の貸した金を返済してもらうのでもいけないのでしょうか。

いけないのは暴力団を使うといった部分だとしたら、暴力団とメールに書いたのは書いただけで本当ではないとすればよかったのでしょうか。それとも、本当ではないとしても暴力団という言葉を使っただけで脅しととられてしまうのでしょうか。

それでは暴力団という言葉も出さずに「貸した金を返済しなさい」とだけ書いたメールを送ったのならばよかったのでしょうか。そう考えると疑問が膨らむばかりです。

元店員は脅しととれるメールを見て警察に相談したとありますが、本当に暴力団が来たら怖いと思って警察に行ったのでしょうか。もし警察に行けば区長はつかまるし金も返済しなくてよいとでも思って行ったのなら、悪質だと思います。

仮に暴力団が来たら怖いと思って警察に行ったのだとしても、借りた金を返せば暴力団が来ることもないのだから、警察に相談する前に金を返せばいいと思いました。返す気もないのに金を貸してと言って借りたのではないかと疑います。

でもこれらすべてを考えると、このような人に金を貸してしまった区長も反省すべきだと思いました。特に区長であるという自覚が足りなかったのでこのような軽率な行動に出てしまい多くの人にも迷惑をかけることになったのだと思います。

やはり公共の場に務める人は一段と強い心構えを持って物事に対処していかねばならないと思いました。逮捕は少し行きすぎではないかとも思いましたが、それくらいの重大さでとらえねばならないとも思いました。



この記事をシェアする