自動運転タクシーの可能性

calendar

自動運転のタクシーのニュースは、今までもかなり話題に上りましたが、より現実感がわくニュースが発表されました。

8月27日、ZMPと日の丸交通による自動運転タクシーによる公道営業実証実験が始まりました。
その走行ルートは、東京都千代田区にある、大手町フィナンシャルシティグランキューブと港区にある六本木ヒルズの間という距離で
距離にすれば約5.3kmと短く残念に思うかもしれませんが、かなりの好成績だったのです。

今回、 なぜ実証実験が行われたのかというと、東京都が自動運転技術の実用化を加速する為に、「自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト」 として始まり、国との共同で作られた「東京自動走行ワンストップセンター」の支援を受けて実施されたものです。

今や自動運転の車は未来の乗り物ではないのです。
現在は試験的走行しかしていませんが、近いうちに必ず当たり前のように自動運転の車が走るようになります。

ですが、課題がいろいろと残されている事も確かです。
確かに、自動運転の車が増えると事故を防ぐ事が出来ますし、将来的にはハンドルのない車も考えられ、現在の車の形はかなり変わってくると思います。
自動運転の車は人間のように対応出来ない事もあります。

もしも目の前に車や人間が飛び出してきた時には、自動運転の車は急停止する可能性もあります。
その時には、中に乗車している人の衝撃も考えなくてはいけません。
やはり、運転手のような細やかな気配りというのは、まだまだ出来ないというのが現実です。

ですが、もしも自動運転の車が実現した時には、今までの生活が一変する事も事実です。
今回の実証実験は、9月8日まで実施され、料金は片道1500円で行われ、予約制で行われましたが、すぐに予約は一杯になりました。

その点からも、どれだけ人々が自動運転のタクシーに興味があったのか分かります。
これからの未来。免許がなくても車を所持する事が出来るようになり、私たちの生活は一変する事でしょう。

かつては近未来の乗り物だと思われていた自動運転のタクシーは、既に近未来ではないのかもしれません。
日々進化するテクノロジーは、近未来と考えられていた物を現実化する事がとても早くなってきました。

2020年頃には、誰もが自動運転の車に乗り、ショピングや通勤に当たり前に見られるようになるのです。
そして、その為にも日々の実証実験が必要なのです。

ランキングに参加しています。下のバナーを押していただけると大変嬉しいです。 ヾ(*´∀`*)ノ



この記事をシェアする