「スロー地震」と災害への備え

calendar

reload

「スロー地震」と災害への備え

台風25号が6日の朝から昼過ぎにかけて九州北部に接近する見込みです。

つい先日大型で強い台風24号が日本列島を通過したばかりです。その時は強い雨、激しい風により全国で死者3人、行方不明1人、重症25人、軽傷188人が報告されています。(10月3日17時現在)

海外メディアでも、日本の激しい暴風雨の様子が動画で紹介されました。今回の台風25号においてただただ被害が少ないことを願うばかりです。

日本では近年災害の数が急増しています。平成生まれの私が初めて体験した災害は1995年の阪神・淡路大震災、2011年には東日本大震災を体験。特に学生時代に東京で被災した東日本大震災は人生で初めての震度5、実は前日夜にわずかな余震を感じていましたが、まさか翌日こんなに大きい揺れを東京で感じるとはつゆ知らず、大きな揺れに思わず動揺し、繰り返される大きな余震に「このまま日本が終わってしまうのではないか?」と思ったことを今でも覚えています。

数ある災害の中でも地震は最も怖い災害の一つです。予知がしずらく、何度も繰り返すのですから。特に日本列島では火山活動や地震が活発化ししています。「災害」という言葉はこれからの時代を生きていく上で欠かせないキーワードです。

中でも「南海トラフ巨大地震」は数年以内に発生する確率が少なくとも80%以上と発表されていたのを聞いたことがあります。巨大地震の予兆と言われる「スロー地震」(ゆっくりすべり)の研究も進んでいるようです。

この高い割合やスロー地震の調査結果を考慮すると、近い未来に大地震は必ずやってくるということです。もし明日大地震が起きるとしたら?あなたはまずどうするべきでしょうか?

食べ物や避難所、きちんと準備はできていますか?大切な人との情報共有はできていますか?もし発災直後に瓦礫の下からだれかがあなたに助けを求めてきたらどう行動しますか?

災害が起きている今こそ「備え」が大事です。しかし、防災意識の差は人によってそれぞれです。体験したことがない人にとっては、正直まだどこか他人事かもしれません。

スポンサーリンク

飲まない会わない触られない安全安心チャットレディ【ニューステージグループ】

防災を考え己の行動に移せている人はまだわずかです。意識のみならず「思い」を「形」に変えて今備えましょう。被害を出さないために、被害を最小限に食い止めるために。災害が来る度に私たちは不安な時間を過ごします。不安に勝つため、被害を食い止めるため「防災・サバイバル力」を求められる時代が今やってきています。

ランキングに参加しています。下のバナーを押していただけると大変嬉しいです。 ヾ(*´∀`*)ノ



この記事をシェアする