貴乃花親方と日本相撲協会、どちらが正しい?

calendar

貴乃花親方が、日本相撲協会に、年寄の引退届を提出したというニュース報道がありました。その経緯について、貴乃花親方が記者会見をし、さらに、その会見の内容について、反論する記者会見を、日本相撲協会側もしていました。

貴乃花親方の記者会見の内容と、日本相撲協会側の記者会見の内容とは、相反するもので、どちらが本当なのか、私にはさっぱりわかりません。

 貴乃花親方は、相撲部屋はどこかの一門に属さないといけない、と理事会で決まったと聞いている、自分もどこかの一門に属することはできるが、その条件として、貴ノ岩の傷害事件騒動の際に、日本相撲協会について、内閣府公益認定等委員会に告発した内容が事実ではないことを認めることを挙げられていたため、それには応じられないと考え、弟子たちの将来を考えると、弟子たちを移籍して、引退するしかない、と考えたようです。ですが、日本相撲協会としては、そういった事実は一切ない、というのです。

 貴ノ岩の事件のときの、貴乃花親方の行動は、報道が事実であるならば、大変不可解で、この人は組織の一員としての行動ができない人なのかも、と思いました。八角理事長になる以前から、日本相撲協会は、閉鎖的なところがあり、隠ぺい体質があるとは思っていましたが、八角親方になって、改革も進められ、公益法人としての組織の在り方も考えて行動をしている、と考えていましたので、このときには、貴乃花親方があやまっているのではないか、と思っていました。

 しかしながら、その後、自身の部屋の貴公俊の暴力問題もあって、貴乃花親方も態度を改められ、また、日本相撲協会の厳しい処分も受け入れられ、これですべてうまくいくのかな、と思っていました。

また、普通の年寄になった貴乃花親方が一審判として、土俵の周りに座られている姿をみて、ある意味、楽しみにも思っていました。そこにきて、このニュースでしたので、かなり驚きました。

 報道されていることだけの印象で考えると、今回の件では、個人的には、日本相撲協会の側があまりにも、大人げないような気もしました。理事会の決議内容で、親方々、力士に影響のあるような大事なことは、正しい内容で周知するようなオープンさが必要ですし、貴乃花親方が誤解をしているようであったのなら、それを解くような対応を理事長や理事の方々がするべきではないか、とも思いました。

元貴乃花一門であった、他の部屋の方々の動きを観ていると、貴乃花親方がとらえられている内容に誤りがあるとは到底思えないですから。また、告発した内容を事実ではなかったとしないと、という条件も不可解です。それと、一門所属とは何ら関係のないことと考えるからです。

スポンサーリンク

 その一方で、貴乃花親方も、そこまで意固地にならなくても、と思いました。阿武松親方がかなり説得をされたようですけど、もう少し柔軟に物事を考えて、歩み寄る姿勢を見せてもよかったのではないか、と思うのです。

これまでのこの方の生き方を見ていて、不器用な人なのかもしれない、とは思っていましたが、今回のことは、親方が大切にしている弟子たちの処遇にも大きく影響をすることですし、もう少し、なんとか、考えることができなかったのだろうか、と思います。

 貴乃花親方と日本相撲協会、どちらが正しいのか、真実はわかりませんけど、相撲ファンにとっては、とても残念なニュースでした。

ランキングに参加しています。下のバナーを押していただけると大変嬉しいです。 ヾ(*´∀`*)ノ



この記事をシェアする