ノブコブ吉村、世界3大バーレスクショーデビュー!

calendar

reload

ノブコブ吉村、世界3大バーレスクショーデビュー!

私は基本的に芸能ニュースは1日1回チェックします。以前と比較してテレビを見る機会が減ったので一応流行を知っておく為といった感じです。それで気になったニュースが「ノブコブ吉村、世界3大バーレスクショーデビュー!」というモノでした。(9月29日 日本時間)

タイトルもなんですが写真もインパクトがありましたね。吉村さんが赤いふんどしをして「ニューヨーク バーレスクフェスティバル」に出演しているショットです。

バーレスクとは、有名な作品のスタイルを誇張したり、その作品のテーマをこっけいに描いたりするジャンルでニューヨークはラスベガスやロンドンともに有名なフェスティバルが開催されています。

最近はお笑いの人や芸能人が海外進出したり、また留学する芸能人が増えているように思います。最近だとウェンツ瑛士さんが留学したばかりですし、お笑い芸人となるとピースの綾部祐二さん、渡辺直美さんなどが代表的です。

私の中では言葉の壁や文化の壁があるので難しいのではと思ったりするのですが難しいからこそチェレンジしたい、日本だけではなく世界で通用する様になりたいと思うものなのかもしれません。

個人的にはアメリカンジョークとか他国のユーモアというのは分かりにくいように感じます。ですが歌やアニメ、ドラマ、映画などは普通に外国のモノが日本にどんどん入ってきているし、日本のモノも外国で評価されているので感情というのは共通する部分が私が思っているのよりずっと大きいのかもしれません。

ちなみに吉村さんは「イシバシハザマ」のハザマ陽平さん、「てのりタイガー」の村潤之介さんとユニットを組んで出演しアメリカ、カナダのパフォーマーが多い中全22組の中で唯一のアジア勢の参加ということでした。やはりまだまだ日本に限らずアジア勢は少ないということですね。

スポンサーリンク

【考えないFXトレード】

そんな中で臆せず彼の代名詞とも言える「破天荒」と書かれた赤いふんどし姿で4分のショーを披露した後は大きな拍手と歓声が挙がったそうです。欧米で人気がある笑いや流行を追わずにソーラン節をテーマ曲にするなど日本らしさで勝負をしたところがカッコイイと思いますね。

近年はスポーツなども日本人選手の活躍が目覚ましく世界でも上位に食い込んでいる競技が増えてきました。お笑いに関しても今後はどんどん日本からも世界に向けて笑いを発信する人が増えてくるのではないでしょうか。日本で既に活躍している人がこうやって海外で自分の力をチャレンジするというのは素晴らしい事だと言えます。

ランキングに参加しています。下のバナーを押していただけると大変嬉しいです。 ヾ(*´∀`*)ノ



この記事をシェアする