ジャイアンツ高橋監督辞任に思うこと

calendar

ジャイアンツ高橋由伸監督が辞任を発表しました。少し前までは来季も続投と言われていたのに突然の辞任のニュース。就任してからの3年間の成績不振の責任を取ると言います。常勝を約束させられるジャイアンツとしては確かにこの3年優勝から遠ざかっているというのは指揮者としての責任を問われることかもしれません。

しかし思えば3年前、まだ現役を続行したいという彼を無理矢理引退させ、監督に据えたのが悪名高き渡邉恒雄氏でした。
人気、実力とも兼ね備えた選手だったとはいえ、まだ若く、コーチや二軍監督の経験もなければ、一旦現場を離れ解説者として勉強することもないまま、監督就任。ちょっと無理なんじゃないか?そんなことを感じた人事でした。実際首をかしげるような采配も多かった高橋監督です。

それでもヘッドコーチやピッチングコーチに実力者を揃え、他チームから、あるいは外国人助っ人選手を引っ張ってこれたら、何とかなったのかもしれません。
ですが村田ヘッドコーチ始めコーチ陣は頼りない。

またこの3年FAで取得した選手も、高いお金を出して引っ張って来た外国人選手も、活躍できたかというとさっぱりでした。
勝てないのは高橋監督一人のせいだったんでしょうか?そんなことはないです。むしろフロント、親会社に責任があるように感じます。

続投を言われながらの突然の辞任。発表されたのはホームの東京ドームの最終戦が終わってからでした。東京ドーム最終戦では今季でユニフォームを脱ぐ杉内投手がファンの前で挨拶をし、選手たちから胴上げをされ、辞めて行きました。

その華やかさに比べ高橋監督は、ファンの前で挨拶することもないまま、何だかまるでひっそりと辞めていくかのようでした。勝てなかった監督ってこんな目に合わないといけないのでしょうか。悲壮感すら漂う高橋監督の辞任でした。

スポンサーリンク
売上アップを目指すなら楽天市場へのお申込みはこちら

後任には原辰徳前監督が就任と言われています。原監督は確かに、ジャイアンツでも、侍ジャパンの監督しても結果を残したすぐれた監督ですが、高橋監督に辞任をさせるなら、ここはチームの若返りをはかるべきだったのではないかと思います。

あるいは原監督の下で、松井秀喜氏、桑田真澄氏ら、次期監督にふさわしい人材をコーチ、あるいは二軍監督として育て、2年後、3年後に繋げてほしいと思います。
アンチも多いジャイアンツですが、やはりジャイアンツが強くないと野球が面白くありません。また常勝軍団と呼ばれるよう、チームの立て直しをフロントにはしっかりお願いしたいです。

ランキングに参加しています。下のバナーを押していただけると大変嬉しいです。 ヾ(*´∀`*)ノ



この記事をシェアする