日本シリーズについて

calendar

reload

日本シリーズについて

最近の話題のスポーツニュースを紹介致します。2018年のプロ野球の日本一を決める日本シリーズは、広島東洋カープと福岡ソフトバンクホークスの対戦となりました。

セントラルリーグを圧倒的なゲーム差で優勝した広島東洋カープは勢いそのままにクライマックスシリーズも制覇して日本シリーズに臨んだ一方で福岡ソフトバンクホークスはパシフィックリーグで西武ライオンズに及ばず2位でしたがクライマックスシリーズを勝ち抜いて日本シリーズに進出してきました。

そんな2チームの対戦となった2018年の日本シリーズは、10月27日からスタートしました。初戦は広島東洋カープの本拠地であるマツダスタジアムで行い両者12回の延長まで戦い抜いて2-2の引き分けとなりました。

広島の先発の大瀬良とソフトバンクの千賀が好投を見せその後を継投した中継ぎ陣も踏ん張り素晴らしい投手戦となった初戦でした。

続く第2戦目もマツダスタジアムで行いこの試合では広島の鈴木の活躍もあり5-1で広島の勝利となりました。マツダスタジアムでの2戦を1勝1分けで終えた広島東洋カープとしては、悲願の日本一に向けて最高のスタートを切る事が出来ました。

3戦目からは、舞台を福岡に移しての試合となりました。初戦、2戦目と異なり乱打戦となったこの試合は最終的にソフトバンクの打線が上回り9-8で打ち勝ち通算成績を1-1の五分に持ち込みました。3戦目の乱打戦を制したソフトバンクはホームという事もあり勢いに乗り続く4戦目を4-1、5戦目を5-4と勝利を収め一気に日本一へ王手をかけました。

そして、第6戦目は広島のマツダスタジアムに移し後が無くなった広島は、2戦目で好投したジョンソンを立てます。しかし、ソフトバンクの打線の勢いは止まらず2-0でソフトバンクが3戦目から4連勝を飾り見事日本一に輝きました。

日本シリーズのMVPはシリーズでの盗塁阻止率が100パーセントだったソフトバンクの捕手の甲斐選手でした。広島の盗塁をことごとく阻止して広島得意の走塁を封じて日本一に大きく貢献しました。ソフトバンクは、リーグ戦2位でありながらもクライマックスシリーズを勝ち上がり見事日本シリーズも優勝しました。

ソフトバンクホークスは2年連続の日本一となり黄金時代が今後も続く事が予想されます。悲願の日本一が叶わなかった広島東洋カープですが、リーグ3連覇をしておりこちらも黄金時代に入っています。来年以降の悲願の日本一が期待されています。

スポンサーリンク

ランキングに参加しています。下のバナーを押していただけると大変嬉しいです。 ヾ(*´∀`*)ノ



この記事をシェアする