フィギュアスケートフィンランド大会を見て

calendar

reload

フィギュアスケートフィンランド大会を見て

グランプリシリーズ第3戦、フィンランド大会は男子は羽生結弦選手が今季世界最高得点で優勝しました。しかも世界初の大技゛4回転トウループートリプルアクセル”を見事成功させました。

ニュースでは羽生結弦選手のことばかりが取り上げられていますが、私が興味あるのはどちらかといえば女子シングルです。ニュースではつけたしていどにしか扱ってくれないので、ちょっといらっとします。

坂本花織選手が逆転で3位という結果に心の中で拍手をしています。それとロシアの女子選手たちは強い(汗)・・、この大会でも1位と2位がロシアの選手ですし、1位は秋田犬のマサルでおなじみのザギトワ選手です。2位の選手のことは知りませんでしたが、シニアのロシアの女子選手の中にはいい選手がまだまだいるということがわかりました。

フィギュアスケート選手にとって1番大きな大会は、3月の世界選手権だと思うので日本から誰が出場するのか、浅田選手がいなくなった後も世界のトップを競える選手たちがいるということが嬉しいです。

男子シングルも羽生選手のほかにもトップを狙えるレベルの選手がいます。宇野選手も金メダルを取っても不思議ではないくらいの選手ですし、他の選手たちも見ごたえがあります。

フィギュアスケートにくわしい人のツイートやブログを見ていると、女子シングルはロシアの選手たちがすごいことになっているそうで、シニアに上がる前のジュニアの女子選手たちは男子選手顔負けのレベルだそうです。

女子特有の成長期の体の変化を乗り越えないといけないので、これから大変だと思います(こういうところは日本の選手より欧米の選手のほうがつらい)し、ジュニア時代はトップだったけど・・という選手が多いので、誰が伸びてくるかを予想するのは難しいです。私には無理です。

男子シングルではフリープログラムの時間が少し短くなるというルール変更があったらしく、これが選手たちにとってプラスなのかマイナスなのかわかりませんが、それまでの時間の滑りに慣れている選手たちにとって、体のリズムを合わせるのが大変なのではと、ひそかに心配しています。どの選手もけがをしないで、がんばってほしいです。

スポンサーリンク

ランキングに参加しています。下のバナーを押していただけると大変嬉しいです。 ヾ(*´∀`*)ノ



この記事をシェアする