アウトレイジ最終章の紹介記事

calendar

簡単な映画の紹介文

私の今回お薦めしたい映画は「アウトレイジ最終章」です。

この映画はタレントでもあり最近は映画監督としても有名な北野武さんが監督、主演、脚本、編集までを務めた、大人気ヤクザ映画「アウトレイジ」シリーズの3本目となります。

あらすじ・キャスト

前回までのあらすじですが、第一部で関東ヤクザ組織の山王会では三下の位置だった北野武演じる大友がその時の若頭である加藤にハメられて組長殺しの片棒を担がされる。

その後第二部で、刑務所を出て子分の木村や関西ヤクザの花菱会を味方につけ、組長に居座っている加藤に復讐を果たす。という話になっており、今作では大友が一旦日本のヤクザ界から離れて、韓国組織の用心棒として身を潜めている時に、花菱会と韓国組織の小競り合いに巻き込まれながらも自ら抗争の中に入っていくという流れになっています。

見どころ、面白かった点(ネタバレあり)

やはり北野作品と言えば、バイオレンスということで今回もヤクザ映画よろしくバッタバッタと人が死んでいきます。特に花菱会の幹部が刑務所から出てきて出所祝いが行われているところで大友とその子分の市川がマシンガンを持ってきて会場に乱入するところは乱射時ハイスピードカメラも使用されているため派手で迫力もありました。

でも、ただの殺すのもグロいだけではなく、交通量の多い道路に顔だけ出した状態で埋めて車に轢かせるとか、SMプレイ中に口に爆弾をくわえさせ爆死させるなど、どこかユーモアも感じさせる演出に見てても不快には感じませんでした。

感想その他撮影裏話や演技について思った事等

役者さん達の演技も光り、今回アウトレイジ初出演で今年惜しまれつつも亡くなった大杉漣さんはインテリヤクザという肩書に似合い大きな声で怒鳴るもその風貌がお茶目でコミカルな感じに見れましたし、韓国組織の会長役の金田時生さんもセリフは少ないですが日本ヤクザとは違う存在感を出していました。

そしてなんと言っても、病気を押して出てくれた花菱会の重鎮、西田敏行さんと塩見三省さんの演技に鬼気迫るものがあり、身体が不自由な分顔の表情で演技するその役者魂は見ていて感動するレベルでした。

また、今回は最終章ということで後半に向かうほど前回、前々回よりも無虚や哀愁感を出すような描写が増え「もうこれでこのシリーズは最後なんだ」という物悲しい気分にさせてくれます。

そういうところでは同じ北野作品でいうと「その男、凶暴につき」よりも「ソナチネ」の方に似ているかもしれません。

ヴェネツィア国際映画祭でも上映された日本大衆ヤクザ映画の大作と言ってもおかしくない、このアウトレイジシリースの最終章は見ないと損をします。

スポンサーリンク



この記事をシェアする