仮想通貨でナンピンを繰り返し損失が大きくなった話

calendar

仮想通貨の取引を始めてから1年になります。

仮想通貨全体の相場が落ち込んだため、損失を出してしまいました。

2018年の初旬の頃は仮想通貨の価格が下がったとはいえ、これからまた盛り返していくものと勝手に判断していました。

ビットコインを購入したものの価格が下がり、慌てて下がった時点でまた買い増しをしました。
これは「ナンピン」というものですが、明らかに危険な方法でした。

今が価格の底と判断しての買い増しですが、価格はさらに下がっていきました。

自分としては予想もしていなかったほど価格が落ち込み、損失を取り返そうとして何度かナンピンを繰り返したため、さらに損失が増えていく状況になりました。

金額としては総額で30万円ほどの投資になり、結果的に15万円を超える損失額です。

絶対に上がると勝手に判断しロスカットができなかったことも失敗の要因です。

30万円ほどの投資金額ですが、そこまで大きな額ではなかったのが幸いでした。

それ以降もビットコインなどの仮想通貨が値下がりを続ける中で「今が買い時だ」と思い、購入したい欲求にかられました。

しかしナンピンでの失敗を経験し、さらに仮想通貨の購入に使う貯金もなくなってしまったことから購入は見送りました。

その後も仮想通貨は価格を下げていったため、皮肉ですが貯金がなかったことが幸いしたと感じています。

仮想通貨で損失を出して気がついたことは、投資で儲けることは思っている以上に簡単ではないということです。

もちろん比較的安全な投資方法もありますが、仮想通貨に関しては値動きの激しさからいって、リスクの高い取引です。

小さな額で取引するのならそれほど問題はないかもしれませんが、多額の資金を投入するのは非常にリスクが高いです。

また、精神的にも良くありません。

日々の値動きが気になって不安な状態が続き、非常に疲れる状況に陥ります。

私の場合はそれでも額が小さかったため諦めもつきました。

しかし多額の資金を入れているような人の中には、絶対に負けられないという意識が邪魔をしてなかなかロスカットできない精神状態になることがあります。

その結果、損失がさらに拡大していく状況になる可能性が高くなります。

仮想通貨はこれから上がるという雰囲気に流されて、自分でよく理解せずに行うことは危険であると思います。

儲けるというよりも、損をできるだけ抑える方法を事前にしっかり考えるべきでした。

また、価格はこの辺で下げ止まるだろうという希望的観測に基づく根拠のない判断がいかに危険かもわかりました。

仮想通貨に限らず、投資を行う際は、雰囲気で判断するのではなく確実に根拠を持った判断が必要だと痛感しています。

スポンサーリンク

お見合いパーティーといえば

ランキングに参加しています。下のバナーを押していただけると大変嬉しいです。 ヾ(*´∀`*)ノ



この記事をシェアする

folder 人間関係

仕事は人間関係が大事
more...