NGT48山口真帆への暴行事件に思うこと

calendar

新潟を拠点にするアイドルグループ「NGT48」の山口真帆が、自宅で待ち伏せされ、口を塞がれるなどされるという事件がありました。
幸い大事には至りませんでしたが、もちろんその精神的ショックは相当なものでしょう。

彼女はそのことをSNSで告白し、このニュースは大きな話題になりました。

自分で告白せざるを得ない状況に追い込まれたことや、その後なぜか被害者である山口本人が謝罪するという理不尽さに、ファンを初め多くの人が疑問を投げかけています。

その後、騒動の責任を取って劇場支配人が人事異動になることが発表されました。

しかしもちろん、これで問題が解決したわけではありません。

批判の多くは、アイドルグループを管轄する運営に向けられています。

被害を受けた山口真帆がやむを得ず告発したのも、運営の対応が不十分だったことが原因と考えられます。

ある意味運営に対して反逆する形になるため、アイドルにとってこれは相当な勇気が必要だったでしょう。

ところが、未だにこの事件の詳細はよくわからず、疑心暗鬼は募る一方です。

SNSでは真偽不明の情報が流れ、メンバーに対する二次被害や三次被害が起こっています。

注目されるアイドルグループのことであり、様々な憶測や噂が流れるのは致し方ない面もありますが、しかし当然のことながらこのような状況が続いていいわけがありません。

いわれなき中傷に心を痛めている人も多いでしょう。

他のメンバーや、告発した山口も再び傷つくことになります。

もちろん純粋に応援しているファンにも精神的なショックがあります。

当たり前ですが、アイドルは商品ではなく「人間」です。

まだ10代や20代のような若い人を動かしているということを、運営側は改めて自覚しなければいけません。

今回の件で、最も責任があるのはもちろん迷惑行為を行った人です。

しかし、極めて多くの不特定多数の人を相手にするアイドルという職業である以上、このようなリスクはあるため、特に運営側の危機意識が問われます。

被害に遭わないための事前対策や、万が一トラブルに巻き込まれた時の適切な対処など、どこまでリスク管理ができていたのか疑問を感じます。

普段からの研修や、精神的なケアをしっかり行っていく体制が必要です。

芸能界という世界は、多くの人の目にさらされる世界であるため、一方では言われなき中傷を受けることもあります。

その場合に人間として傷つくのは当然です。

過酷な状況にさらされた時にしっかり守ることは、まさに雇う側の責任とも言えます。

アイドルグループのあり方について一石を投じたのが、今回の出来事と考えます。

スポンサーリンク

トリバゴ

ランキングに参加しています。下のバナーを押していただけると大変嬉しいです。 ヾ(*´∀`*)ノ



この記事をシェアする