嵐が2020年末に活動中止

calendar

27日ジャニーズ事務所所属のアイドルグループの嵐が2020年末に活動を中止をすると発表しました。

なお、この活動中止の背景にはリーダーの大野智が明かすには自由に生活したいとのことだそうです。

2020年が区切りである理由ですが嵐はご存知のとおりオリンピックでオープニングセレモニーで歌を披露しており、東京オリンピックのサポーターとしても選ばれているため、それ以前にグループの活動中止を決定してしまった場合、アジアでも人気のあるグループですから経済的な大きな損失が生まれることを懸念した物だと思われます。

そんな、嵐ですがこれまでに、売り上げとしてファンクラブの収入が会員約180万人×年会費4000円で約72億円を売り上げており、コンサート収入においては観客動員数約104万人×8500円=約88億円の売り上げとなっており、ジャニーズ事務所としてはかなりの稼ぎ頭になります。

グループの活動の中止となった理由は定かではないのですがどうやら、一部ではリーダーである大野智の体力の衰えによるダンスが踊れていないからでは?という声と滝沢秀明さんがジャニーズから独立した事務所を構えたこともあり自身も独立をしたいという噂などがあがっています。

どちらにしろ2020年末という期間まではアイドルとして活動をしますので紅白歌合戦には出ることができるということになります。

紅白に出ることによりさらに人気が出ますし、活動を中止するとのことですからファンの方々が最後の雄姿を見たいでしょうからコンサート関連のDVDやCDを大量に販売すると見て取れます。

しかし、疑問となる点としては何故、解散という形ではなく活動中止である点なのか、リーダーの辞めたいと言う意見を皆が尊重し皆で活動中止としたのか等の点です。

リーダーだけを抜き新しいメンバーを加入させるなどの方法でも嵐を残せると思えるのですが何故、その道を選ばなかったのかは疑問です。

また、リーダーが会見では悪者になるとされていますが活動中止を切り出したのはリーダーな上にリーダーが話をまとめたのであればリーダーに責任があるように思えるのですが、何故皆リーダーに責任がないといえるのかが少し謎に思えます。

グループのメンバーの中にはまだ、嵐として活動したい人もいるでしょうし、独立して別々に仕事をしたいと考えていなかったメンバーもいると思うのですが謎は深まります。

スポンサーリンク

ゴディバ

ランキングに参加しています。下のバナーを押していただけると大変嬉しいです。 ヾ(*´∀`*)ノ



この記事をシェアする

folder 人間関係

仕事は人間関係が大事
more...