進まない政治に思うこと

calendar

reload

進まない政治に思うこと

最近ニュースで政治に関することが流れると、また同じようなことやってるといつも思います。

政治に詳しいわけではないですが、そんな素人が見ていても飽きれるくらい何も進んでいないように感じます。

少し前の総理大臣の入れ替わりが激しかったころに比べて、安倍内閣は比較的安定しているようにも感じますが、国内外どちらに向けての政策もなかなか果たせていないように思います。

それも野党の声が多く影響しているのではないでしょうか。

与党が無理に政策を進めようとしていることもあるので、それを抑えるために反対をしているのはわかりますが、野党のやり方にはあまり賛同できません。

なぜなら、野党は与党の政策ややり方に反対と主張するだけで、それに代わるような政策ややり方を提案していないからです。

与党が何か政策を進めようとすれば絶対に反対をするのが野党です。

しかも、反対と言うだけです。

反対するからには理由があるはずですが、なぜそれを言わないのか疑問に思います。

提案したところでその政策が通るかどうかはわかりませんし現実的には難しいかもしれませんが、先の選挙のことなども踏まえて、国民に野党はこういった政策を持っているというのを伝えてほしいと感じます。

でないと、今のままでは一向に政策が進まないだけで新しい案もないので何も変わりません。

それに、また内閣が解散して選挙があったとしても、野党の政策が与党への反対だけであれば国民は野党を選べないだろうから、結局また与党が勝って同じような状態に陥ると思います。

北朝鮮の問題もそうですが、米朝でやりとりをしている中で拉致問題について追及してもらうだけではなくて、日本自身がもっと出向いて早急に対応してほしいです。

米朝の会談がニュースで流れると、日本も何かできないのかなと思ってしまいます。

きっとメディアには触れられない裏で何か進めているのではないかとは思うのですが、国民はそれを知るすべがないので不安でしかありません。

とにかく党ごとにそれぞれどういった政策を持っているのかを明確にして、もし反対の意見があるならそれに代わるような案を持って反対してほしいです。

政治家の方はお堅い人ばかりなイメージですが、最近は不正がニュースになることも多々あるので、今はあまり良い印象ではありません。

不正があるなら早く解決して、日本が良い方向に向くようにこれからも頑張っていただきたいと思います。

スポンサーリンク

ランキングに参加しています。下のバナーを押していただけると大変嬉しいです。 ヾ(*´∀`*)ノ

この記事をシェアする

folder 人間関係

仕事は人間関係が大事
more...