無駄使いが得意な私が一年で百万円節約した方法

calendar

reload

無駄使いが得意な私が一年で百万円節約した方法

私は毎月お金を使い切って月末には借金をすることはなく丁度残金が数千円以内に収めることが出来ることを自慢にしていました。

しかし、ある日友人に貯金が幾らあるのかを尋ねられ貯金はないことを伝えると驚かれ、結婚などの将来のことを考えると貯金をするべきだといわれてしまいました。

確かによくよく考えると無駄使いが多いことに気が付いたので、無駄使いを無くして節約をして、貯金をするように心がけることにしました。

まず仕事中にペットボトルのコーヒーなどを飲んでいたのですが、ダイエットにもなると思い、ミネラルウォーターを飲むようにしてコーヒーなどを飲まないようにしました。

そしてスイーツなどの買い食いが多かったのですがなるべく買い食いを控えて、家にいる時など一人の時で口が寂しいときは、氷を口に入れて舐めていました。

衣服などはショップ内を見て回り可愛いと思ったらすぐに買ってしまう癖があるので、予め買う服を決めておいてショップに行き、買いたい服が売ってあるコーナーに直行して買いたい服だけを買って帰るようにすることで、無駄に買い物をしないようにしました。

食事はコンビニの弁当や外食だったのですが、安く販売しているお店で野菜などを購入して自炊をするようにして、外食などをすることで食事にかかる出費を抑えるようにしました。

そして、このように無駄に使っていたお金を節約していった内容を手帳につけていきました。

具体的には一日何に幾ら使ったのかを書いていき、月末に幾ら残ったのかを毎月書いていきました。

そして、その内前月生活費に使用したお金から今月は幾ら節約出来たのかを見易く纏めたりしていきましたが、これを続けていくうちに毎月お金が貯まっていく喜びを感じてきたので、いつも買う商品を割安で購入してはこれでいくらお金が浮いたと考えていくようになったり、買いたいと思った服などが本当に必要なのかを考えるようになり、その事によって無駄使いをなくして節約が出来るようになりました。

ただ、それでも無性に服を買いたくなったり、高いお店で食事をしたくなる時があるため、月に一回贅沢をする日を決めその日に使用する金額を決めて、その金額以内で買い物をしたり食事などをするようにしました。

このことで節約生活のストレスを発散しながら無駄使いを抑えていき、一年で百万円の貯金をすることが出来ました。

今では衝動的に買い物をすることは殆ど無くなってきましたし、自炊で作る料理の幅も広がり、自炊を楽しめるようになりました。

スポンサーリンク

ランキングに参加しています。下のバナーを押していただけると大変嬉しいです。 ヾ(*´∀`*)ノ



この記事をシェアする

folder 人間関係

仕事は人間関係が大事
more...