ミニマリストのトイレの掃除

calendar

私はトイレの掃除を毎日行っています。トイレの掃除は嫌だという人が多いようですが、毎日掃除をしている私は1日トイレの掃除をしないと気持ちが悪いです。

毎日行っていることなので、できるだけ素早く丁寧に終わらせたいと思っています。ミニマリストでもある私は、素早く丁寧にトイレの掃除を終わらせるためにこんな工夫をしています。

トイレにはトイレマットや便座カバーは使用しません。トイレマットがあると床を掃除するときにいちいち動かさなければならず面倒です。

尿が意外と飛び散っているので、トイレマットと便座カバーは定期的に洗わなければならず、これも面倒に感じます。

そのため、マットとカバーは使用していません。マットとカバーがなくなると掃除が楽になるだけでなく、視覚的にすっきりとしてトイレが広く感じられます。

トイレットペーパーホルダーは以前は使っていたのですが、これは処分しました。トイレットペーパーホルダーがあると、トイレットペーパーが「なくなってしまった」というときに立って収納場所から取り出す手間を省け、トイレ使用中に紙がなくなってしまったときに助かっていました。

しかし、洗う機会が少ないのでトイレットペーパーホルダーにホコリがたまって汚くなってしまいました。こまめに洗うのは面倒なので捨てることにしました。

捨ててしまって不便にならないかなと思ったのですが、いざなくしてしまうと不便ではありません。トイレ内の収納棚にトイレットペーパーを置いているので、トイレ使用中に紙がなくなってしまったときでも取り出しに不便なく使用できています。

トイレ掃除用のブラシは置いていません。トイレ掃除用のブラシにはカビや細菌が何億個とも棲みついているのだそうで、カビや細菌の温床となっていて健康によくありません。また、トイレ掃除用のブラシが置いてあるとトイレが狭く感じてしまいます。

そのため、トイレ掃除用のブラシは使わずにクエン酸をスプレーで吹きかけてトイレットペーパーで拭いて掃除をしています。このほうが収納スペースを取らず、衛生的です。手を使って掃除をすることには抵抗はありません。

トイレ内の不要なものを捨てることでトイレが広く感じるようになり、また衛生的にもなりました。こまめに掃除ができるのできれいな状態です。

「これをなくしてしまったら不便なのではないか」と思っていても、いざやってみるとそれほど不便は感じることはありません。やってみると意外と快適でした。

スポンサーリンク

ランキングに参加しています。下のバナーを押していただけると大変嬉しいです。 ヾ(*´∀`*)ノ

folder 人間関係

仕事は人間関係が大事
more...