銀行へ夫と教育ローンについて相談して来ました。

calendar

reload

銀行へ夫と教育ローンについて相談して来ました。

子供が高校生になってから色々と教育費がアップするのを体感するようになり、やりくりが大変だなぁと負担に感じるようになりました。

私学へ進学したので学費や部活動費用、そして予備校で受講するとなると、想定していた学費よりはるかに多くなり、これだと家計を圧迫して厳しい状況になるため、教育ローンを検討するようになりました。

それまでは、私のパート代でやりくりしていましたが、高校生になると教育費の額がかなりアップして負担が大きくなるので銀行へ夫と教育ローンについて相談して来ました。

大学入試も控えているので、入学金などまとまった費用が発生するため、そのための教育資金について相談したところ、夫の収入なども含めて審査があり、それで融資を受けることにしました。

お給料口座から毎月、返済していくことになりますが、金額は6万円です。この費用を数十年かけて返済していくことになりますが、やはり教育費以外にも親の介護費用など色々とお金が必要になる時期なので、やりくりが大変だなぁと思うことが多々あります。

そして子供が大学生になってから、交通費なども含め費用がかなり必要になり、パート代と夫の給料でのやりくりでは、なかなか厳しいような現状になりました。

毎月6万円返済することになりますが、上手にやりくりをしていかないと厳しいことになり、生活費が足りないことになるため、なんとかやっています。

特に夫の給料が業績不振にて下がったので、ボーナスも10万円ほど下がり、かなり厳しい現状になりました。

なので、貯金が全くできない状況になったので、子供もアルバイトをしながら学校へ通っていますし、教育ローンをまとめて借りましたが、返済が厳しいと感じることが多々あります。

これは25年ほどかけて返済していくことになるので、定年後も返済するような感じになりますし、やはり定年後は年金生活になったり、給料が下がるのでやりくりが厳しくなるのは目に見えているので、なかなか現状はきついのが本音です。

外食もしませんし、もちろん夕飯なども安い食材を使って節約料理を作るなど、パートの仕事の分量を増やしたり、色々と教育ローン返済のために生活スタイルが大きく変わったのは事実ですし、子供の成長に伴いお金の方が追いついていかないのが現状なので本当にやりくりが厳しいです。

スポンサーリンク

JTB

ランキングに参加しています。下のバナーを押していただけると大変嬉しいです。 ヾ(*´∀`*)ノ

folder 人間関係

仕事は人間関係が大事
more...