ミニマリストになると自宅にいることが楽しい

calendar

reload

ミニマリストになると自宅にいることが楽しい

ミニマリストとして生活をしていると、たくさんのことをしたくなります。こんなこともしたい、どんな風に改造しようかといろいろなことを考えるのが楽しくなるのです。

そんな自分ではなかったので、そのことについて本当に自分で自分がこんなに変わるのだとびっくりしています。

一番びっくりしているのは、なんといっても外出をすることが少なくなったことですね。

以前の自分は、自宅にいることでつまらないと思うことが多く、自宅よりも外出をすることが多かったからです。

ところが、ミニマリストになりそれが自宅でいるほうがずっと楽しいと思うようになっています。

それは一番、素敵なことではないでしょうか。そこで家にいることが楽しくなる理由について、ご紹介します。

・広いので気持ちがいい

部屋が広くなることにより、とても気持ちよく過ごすことが出来るようになりました。天井まで広く感じることがあります。

天井が広いと思うのは、なんといってもタンスがあったからです。

ミニマリストの場合は、タンスが不要と思うことが多く真っ先に処分をしたのです。

タンスがあることにより、部屋が狭く感じるだけではなく天井近くまで大きいのでそれで圧迫感から天井が低く見えてしまうのかもしれないと思ったりしています。

タンスを処分したことは、一番のメリットを感じることができています。

・人を呼べるようになった

以前は、人と会う時には外出をしてカフェなどで過ごすことが多かったです。その時、面倒と思うことがありました。

しかし自宅だと、散らかっているし人を呼ぶことができないと思ったりしたんですね。

その点、ミニマリストになることにより自分の部屋を見せたくなるのです。

こんなに整理をすることができたと自慢をしたくなるのです。そんな風に考えることが、今まで一切ありませんでした。

そのため、そのことについてもびっくりしています。

自宅で友人を呼んで、ゆっくりとした時間を心置きなく過ごせるのは最高の時間と思うことができます。

友人も、私の影響を受けて数人はミニマリストになった人たちがいます。

そしてその人たちは、とても満足をしているので自宅に読んだことは本当によかったと思ったりしています。

いかがでしたか?自宅でいることが、楽しい、リラックスできるというのは最高にいいことです。

私の気持ちも癒され、家族も満足できているのでこのミニマリストとして作り上げた部屋を、ずっと維持したいと思っています。

スポンサーリンク

ランキングに参加しています。下のバナーを押していただけると大変嬉しいです。 ヾ(*´∀`*)ノ

folder 人間関係

仕事は人間関係が大事
more...