大好きだった彼との再会。裏切り。

calendar

reload

大好きだった彼との再会。裏切り。

私と彼との出会いは、さかのぼること20年前の中学生の頃です。
同じテニス部で一緒だった彼。

私たちが所属していたテニス部は地域では強い方で、練習がきついので有名でした。
朝は早くに登校して練習、夜も遅くまで。

熱くて熱中症になりかけた夏の日も、寒すぎて凍えた冬の日も毎日頑張っていました。
でも、そんなキツイ中でも彼とたまに話せるのが嬉しくて。

たまに下校途中で待ち合わせをして、一緒に帰る日もありました。
だけど両想いとか付き合うとかその時の私にはよく分からなくて、彼と話せるだけで幸せでした。

そんな生活が3年間続き、結局好きは好きのまま、別々の高校に進学したのです。
私にとって、学生時代の甘酸っぱい素敵な思い出。

それをたまに思い出すだけで十分だったのに、悲しい思い出になってしまうとは…。

30歳になって、中学校の同窓会が開催されることになりました。
同窓会の連絡が来て1番最初に思い浮かんだのは、大好きだった彼のこと。

彼は、来るんだろうか…。
もしかして結婚とかしているんだろうか…。

結婚していてもしていなくても30歳になった彼に会ってみたくて、参加することにしました。

そして楽しみにしていた同窓会当日。
彼は、いました。

私の記憶とほとんど変わらない彼。
結婚しているのかと聞くと、「独身だよ。」と彼は笑って言いました。

その日は、2次会、3次会とお酒も入りかなり盛り上がって、気づいたら彼と一緒に会場を抜け出していました。

そこで彼から言われた嬉しかったことが、「中学生の頃、ずっと好きだったんだ。」ということ。
そこで初めて当時の気持ちを伝え合いました。

そして、彼から「また会って欲しい。」と言われるのです。

そこからは、頻繁にデートしたり電話したりLINEしたり楽しい日々でした。
そして彼から告白をしてもらい、お付き合いを始めました。

中学生の頃の自分に教えてあげたいくらい。
あの頃には想像ができなかった恋愛が今できている。
幸せいっぱいでした。

ですが、その幸せは長くは続かなかったのです。
ある日、知らない人からインスタグラムのメッセージが来ていることに気付きました。

その内容は、「私の彼氏を取るな。」「私は彼と婚約している。」「もうすぐ結婚する予定なんだから邪魔をするな。」というものでした。
私は、そのメッセージに返信をするのが怖くなり、すぐ彼に電話をしました。

彼は「ごめん。」の一言だけで、それ以上なにも言ってくれませんでした。
そしてしばらくすると、電話もLINEも終いにはFACEBOOKまで、彼への連絡手段すべてブロックされたのです。

ショックでした。
私は、彼にとってただの浮気相手だったのです。

こんな形で終わるなら、彼と再会したくなかったです。
あの頃の思い出は、自分にとっての素敵な宝物として残しておきたかった。

今ではすべて悲しい記憶となってしまいました。いつか、彼より素敵な人を見つけて、恋愛をして、誰よりも幸せになって、彼を見返してやりたいです。

スポンサーリンク

ランキングに参加しています。下のバナーを押していただけると大変嬉しいです。 ヾ(*´∀`*)ノ

folder 人間関係

仕事は人間関係が大事
more...