私が日々の生活で行っている節約の方法

calendar

reload

私が日々の生活で行っている節約の方法

スポンサーリンク

・私が日々の生活で行っている節約の方法

私は自分と家族のために、節約をしてお金を貯めるための工夫を色々としています。

今回は私が実践しているその節約の方法の一部を種類に分けて説明させて頂きます。

1.冷凍庫を活用する

私はお肉やお魚などはセールの安い時にまとめ買いをします。

そして一回の料理に使う量に小分けして、それぞれをラップで包んで、それを数回分まとめてジップロックの袋に入れて冷凍庫に入れます。

それぞれの袋の中にメモ紙に書いた肉や魚の種類と冷凍する日付を書いて中に入れます。

以前はジップロックの袋にマジックでその情報を書いて冷凍していたのですが、それだとジップロックの袋を再利用できなくなってしまいますので、情報を書いたメモ紙を袋の中に入れて冷凍するようになりました。

それによってジップロックの袋も何度も使用することが出来てさらに節約になります。

また季節の野菜も安い時期に買いだめして、小分けにして冷凍します。

なかには冷凍をすることによって栄養価が高くなる野菜もありますので、そういう野菜を冷凍するのが特に好きです。

また肉や魚や野菜を1回分の料理に使う分を小分けしていると、料理をする際に手早く出来るので時短にもなって気に入っている節約の方法です。

冷凍した食材を使って料理を作る際には日付の古いものから使うように気を付けています。

2.ご飯をまとめ炊きする

私は炊飯ジャーでご飯を炊く際、4号や5号のお米を一気に炊くようにしています。

一食で食べる量は少しだけなのですが、それだけの量のご飯を炊くと電気代が毎回、かかってしまいます。

ですので私はたくさんの量のご飯を炊いて、2,3日分のご飯は冷蔵庫に入れて、ご飯を食べる際に電子レンジで温めて食べています。

数日間であれば、特に味に変わりを感じることはありません。

また2,3日で食べきれない分は一食分ずつに小分けしてラップに包んで冷凍庫に入れます。

炊きたてのご飯を早めにラップに包んで冷凍すると、解凍して電子レンジで温めて食べる際に炊きたてのご飯のように美味しいです。

この方法だと炊飯ジャーでご飯を炊いた後にずっとジャーの中にご飯をいれたままで保温している状態のご飯よりも、美味しくご飯を食べることが出来て良いですし、保温の電気代もかからずに節約になると思います。

うっかり炊飯ジャーで長時間、保温し続けてしまって味が落ちてしまったご飯は、野菜や肉と炒めてチャーハンにします。

そうするとご飯を無駄にすることが無いですし、炒めると味が少し落ちていたご飯も美味しく食べることが出来て良いです。

スポンサーリンク

ランキングに参加しています。下のバナーを押していただけると大変嬉しいです。 ヾ(*´∀`*)ノ

 

folder 人間関係

仕事は人間関係が大事
more...

folder 断捨離

家庭円満の秘訣は断捨離
more...

folder 見てはいけないもの

お隣さんの秘密を知ってしまいました。
more...