旦那との死別、両親の介護、そして肺がんという不幸

calendar

reload

旦那との死別、両親の介護、そして肺がんという不幸

私は40代の女性です。

会社員で年収もそれなりにありますが旦那が肺がんで亡くなり、私1人で2人の子供を育てています。

現在は高校生と中学生です。

そして旦那側の両親、私の両親も介護が必要な状態になり、費用だけではなく、私自身にかかる負担も多くなりつつあります。

なんといっても旦那も私も他に兄弟姉妹がなく両親にお世話になってきた以上はきちんと恩返ししないといけないからです。

かつ、子供たちも大学に行かせるまではなんとかしないといけないと言う義務があります。

そんな中、私が健康診断で肺に影があると言うことで精密検査を受けたところ肺がんのステージ4と診断をされてしまいました。

介護が必要な両親たちにはこれを打ち明けることができず、子供たちにも一旦は病気を伏せたまま抗がん剤を利用するための入院も行いました。

現在は、1ヵ月に1回の抗がん剤を打ちながら、副作用と戦う状態で仕事を続けています。

いずれわかってしまうことなので大学受験を控えている長男には打ち明けました。

正直なところ、5年以上生存できる可能性が高いわけではなくこれからたくましく生きていってもらうためには長男に打ち明けるべきだと判断したからです。

しかしながら、現実を見たときに必要になるのはお金です。

さらに両親が亡くなった時に葬儀やお墓の手配、遺産相続等を考えると特に旦那側の両親は身寄りがないので長男や次男にその責任がかかってくることになります。

ある程度お金は残してくれていますが社会経験がない中で彼らにそれを委ねることには大きな不安があります。

さらに、父親を肺がんで失い、母親も同じように肺がんに罹患したためにいつ天国に旅立つかと言う不幸を彼らに背負わせてしまった責任がのしかかっています。

私自身は何とか今の仕事を継続し、抗がん剤を投与しながら新たな薬が出てくることを祈って頑張るほかありません。

子供たちにもたくましく、強く生きていってもらうしかないのです。

長男にはこれは不幸ではなく自分自身が成長するための大きなチャンスだと考えて頑張ってほしいと励まし続けています。

幸いなことに両親の癌の症状を知り医学の道を志して今は勉強しています。

もちろん進学の費用の問題はありますが旦那側の両親に何とかしてもらえる可能性があります。

いずれにせよ私の肺がんが進行せず、日常生活が送れるレベルであと何年間生きることができるか、自分自身の戦いだと思っています。

ランキングに参加しています。下のバナーを押していただけると大変嬉しいです。 ヾ(*´∀`*)ノ

folder 人間関係

仕事は人間関係が大事
more...